タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪後の住まいのチェックポイント 1

こんばんわ。昨日からの大雪で今日の朝はかなり雪が積もりました。
この雪で2014年の大雪を思い出された方も多いのではないでしょうか?当時は、西日本から関東甲信越にかけて大雪に見舞われ、東京都心でも最大27cmもの積雪となりました。多くの建物被害が報告されています。


この大雪の後、家の不具合の出る箇所を何カ所かご紹介します。

1.雨樋部分
大雪後、家の不具合で一番多い箇所です。屋根からの雪がそのまま溶けるか、地面に落ちれば問題ないですが、
溶けずに雨樋に引っかかり、水分を吸って重くなり、雨樋の形状を変えたり、勾配が変わったり、または破損すること
があります。なかなか見た目だけではわからないですが、雨の降るときに軒樋(横の樋)から不自然に雨がたれる
ことが見つけるポイントです。

2.カーポート
次に多いのがカーポートです。片持ちタイプのカーポートが雪の重みを支えきれず
支柱や梁が折れてしまうことです。または2階から雪の落下による破損もあります。

3.屋根部分の雪止め金具
大雪の重みで雪止め金具が破損している場合もあります。
この場合は雨漏りの原因になる可能性もあります。

4. シャッタボックスや霧よけ屋根
大雪の落下時に破損する現場が何件かあります。
シャッターが開閉不可能にあるケースもあります。

次回は上記雪被害の対策と壊れてしまったときの修繕方法についてお知らせしていきます。

当社では上記内容に関する修繕を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

スポンサーサイト

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2018/01/23(火) 23:57:55 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tamareform.blog18.fc2.com/tb.php/1075-2632be87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。