タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

新築 ミニリフォーム その3(3/24)

おはようございます。
桜が少しずづ咲き始めてきたこの時期ですが、急に寒さが戻ってきました。今週末まで寒さが続くという事ですので体調には気を付けて過ごしていきましょう。

本日のブログは新築を購入して生活をしていて不満な部分の改修に関して、本格的なリフォーム工事編です。

1、シャッター、面格子、防犯フィルム
1階部分の窓は掃出し窓には標準でシャッターが付いていますが、腰窓などは単体サッシでシャッターが付いていない場合が多くあります。この場合も後付シャッターをほとんどの場合が施工可能です。防犯上1階部分の窓は対策が必要ですね。
次に小窓に関してです。小窓といってもルーバー窓、上げ下げ窓、すべり出し窓といろいろ種類があります。ルーバー窓、上げ下げ窓に関しては後付面格子を施工可能ですが、最近多いのが外開きのすべり出し窓ですが、外に開くため後付の面格子の設置が出来ません。対策としてはガラス部分に防犯フィルムを貼るか、ガラス自体を防犯ガラスに交換するか、補助錠を付けるかという対策になってしまいます。

2、階段下収納
建売住宅の場合、多くは階段下スペースがデットスペースとなっております。そのスペースに開き戸を付けて納戸にすることが可能です。意外と2階の部屋にはクローゼットが設置してありますが、1階のLDKや洗面所など収納量は多くはありません。ちょっとした小物やティッシュケース、掃除機の収納スぺ―スに階段下収納はお勧めです。当社でも施工可能ですので是非ご相談ください。

3、カーポート、門扉・ブロックフェンス・センサーライト
外構工事の部分ですが、大切な車を守る場合は、カーポートをお勧めします。ビルトインガレージとは違うのでもちろんほこりなどの汚れは付いてしまいますが、雨風をしのげる為、車の汚れ具合も全然違います。冬場には霜が降りる時期はフロントガラスが凍ってすぐに出発が出来ませんが、カーポートの下に置いた場合霜がフロントガラスに降りないのですぐに出られます。カーポート設置時に注意していただきたいのが、大雪です。2014年2月の雪でカーポートやテラスがかなり破損をしてしまいました。対策としてサポート柱という脱着式の柱がオプションでありますので、かならずケチらずにつけましょう。費用はカーポートの種類にもよりますが、材工+サポート柱付で20~25万円かかります。(既存撤去処分別途)
また、新築住宅は門扉などは付いていないので後付がほとんどです。小さい子どもがいる場合お庭で遊ばせたくても門扉やブロックフェンスが無いので道路に飛び出してしまうケースもあり、また防犯上門扉などは大きな効果があります。外構工事も当社で受承っておりますのでお気軽にご相談ください。
外部の防犯で重要なのがセンサーライトです。門扉やフェンスなど取付が難しい場合、敷地内に侵入した場合、ライトが点灯すると大きく防犯効果が得られます。ホームセンターなどでも多くセンサーライトが売られていますが、自身でDIYで設置も可能ですが、困るのが電源の確保です。せっかくの新築住宅なので外部露出で電源を取るのは見た目もよくないので、出来る限り隠ぺい配線での設置がお勧めです。

4、車庫新設、アプローチ工事
既存が花壇や土、砂利などになって車を置きたいけど置けない場合、既存花壇や土を撤去してコンクリートの車庫にすることも可能です。また、玄関アプローチに関してもお施主様のご要望に合わせて設計から施工まで一貫して引き受けております。当社では3Dパースを取り入れておりますので、お施主様の納得できるまでお打合せをしてプランを決め、自社施工で責任を持って施工しております。
パターン⑩-2
3Dパース図
DSCN7616.jpg
施工後
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tamareform.blog18.fc2.com/tb.php/1049-0008d430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad