タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

新築 ミニリフォーム その2(3/11)

おはようございます。
昨日の夜から雨が続きますね。寒いのでいつ雪に変わっていってもおかしくない状況です。

本日で東日本大震災からちょうど5年が経ちます。私は5年前の大地震の時、杉並区でリフォーム工事中の現場にいました。職人も足場の上で塗装と雨樋取替作業中で急いで下に降りてきたのを今でも忘れません。そしてお客様の家でテレビをみて大津波の映像には本当に驚きました。この震災で15,000人以上の方が亡くなり、今でも2500人以上の方が行方不明の状態です。5年経ちましたが、今でも苦しんでいる方々が沢山います。心よりご冥福をお祈りいたします。
また、福島県の東京電力福島第1原発事故による放射性物質の風評被害に関する今年2月の意識調査結果が発表され、放射性物質を理由に福島県産の食品購入をためらう消費者は15.7%と多い状態です。福島県では県産の農林水産物計490品目について2万2514件の放射線モニタリング検査を実施して99.9%の2万2496件は基準値以下と安全上問題はないのですが、依然風評被害は続いております。一日でも早くこの風評被害が無くなり、福島県の農業が発展していってほしいと思います。

本日は新築住宅のミニリフォームの続きです。

4、外部物置
DSC03127.jpg
住み始めて困るのがほうきやちりとり、バケツ、雪かきスコップ、ホース、冬タイヤ、洗車道具など家の中には収納したくない荷物置き場です。
多くの方が外部に物置を設置して外回りの荷物を収納します。物置も色々なサイズと棚板がありますので、家の形状や用途によって選べます。物置メーカーもイナバ、ヨド、タクボが有名ですが、イナバ物置が「100人乗っても大丈夫」というキャッチフレーズで有名ですが、当社はヨド物置をお勧めしております。理由としては他メーカーの鉄板は焼き付け塗装に対し、ヨド物置の鉄板がガルバニウム鋼板を採用しているので、錆びにくく耐久性も高い材料を使用していることです。また、背の高い物置に関しては施工時に転倒防止の工事も同時にすることをお勧め致します。内部の荷物がバランスよく配置されていれば簡単には倒れないのですが、片方に重い荷物が寄ってたりすると、大地震の時に転倒の危険性があるのでご注意ください。

他の方法は躯体にテラスを付けて壁面を囲い入口ドアを設置するストックヤード方式もあります。大きな荷物を収納したり、下のイメージ写真のように自転車やごみ置き場などを置けます。台所横に勝手口がある場合重宝します04exterior-terrace-0130_2[1]

スポンサーサイト

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tamareform.blog18.fc2.com/tb.php/1048-c6f4f46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)