タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

GW休業のお知らせ

お疲れ様です。更新が滞ってしまい申し訳ございません。4月はインフルエンザB型にかかってしまいました。
感染力がとても強く、私と社長と大工も掛かってしまいました。治るまでは他人にうつさないように外出を控えておりました。
基本通り手洗いとうがいは暖かくなっても安心せず、1年間通して続けることが大切ですね。

今年のGW休業のお知らせです。

5月1日(日)~5月5日(木) まで休業させていただきます。

5月6日より通常営業とさせていただきます。

緊急の用件の場合は担当までご連絡ください。それでは宜しくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

洗面所改修工事2(4/8)

こんばんわ。春の嵐で昨日から桜がかなり散ってしまいました。朝晩も暖かくなってきているのでいよいよ春本番ですね。
小学校、中学校などの入学式などもはじまり、新入生と両親が歩いている光景をよく見ます。うちもあと数年後には幼稚園の入園式に出席すると思うと時が経つのが早く感じますね。

本日は洗面所工事2回目です。
DSCF0194.jpg
今回は下地工事に関してアップしていきます。
大引を敷き、根太掛け、根太そして断熱材を施工します。断熱材はフクビ化学工業のフクフォームを使用しております。
特徴としてビーズ法ポリスチレンフォームという材料を使用しており、熱伝導率0.040W/m・K優れた断熱性能を発揮します。
優れた撥水性が内部結露を防ぎ、断熱効果を持続させます。湿気の多い場所にも安心して設置できます。
フクフォームは、炎を遠ざけると自然に消える素材を使用しています。

施工してしまうと見えない材料ですが家を守る大切な材料です。冬場の足元からの冷気を緩和しますので、現在断熱材施工していない場合は是非設置をお勧めします。ただし注意がありまして、断熱材を設置しても冷たさが軽減されますが暖かくはなりませんので気を付けましょう。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

洗面所改修工事1(4/5)

おはようございます。
4月に入り入社式、入学式と新しい出会いの季節になりました。桜も満開ですが雨が続いているので花見ができませんね。

本日は水廻りのリフォームでも特に多い洗面所の改修工事に関してアップしていきます。

既存状態です。昔のタイルカーペットが敷いてあります。浴室と洗面所の間がアルミ製折戸になっておりますが、サッシ下部が腐食している形跡があります。床全体がかなり傷んでいるため、床全体を解体して下地からやり直す必要があります。同時に洗面化粧台も一時撤去します。
DSCN6766.jpg
床板を解体すると浴室との間の土台が腐食して腐っていました。築30年以上の在来タイル浴室は完全防水ではないので長い間に水漏れを起こして土台を痛めているケースが多いです。そして湿気があるとシロアリの被害が出てしまう場合もあるので注意が必要です。
DSCN6778.jpg
腐食した土台は条件にもよりますが、取替が可能ですので、今回は古い土台を撤去して新しい土台に交換しました。
DSCF0192.jpg
洗面所のリフォームは水廻りですので目に見えない部分が傷んでいないか確認するために、費用は掛かりますが、年数が経っている場合で床下から点検が出来ない場合は、既存重ね貼りよりも、現状の土台や柱が問題がないか点検するために既存下地撤去をして、確認をしてから新規下地、フローリング仕上の方法をお勧め致します。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad