タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

外部改修・塗装工事5

今日は朝から雪が降り続き昼間には道路にも積もっていました。当然家の屋根や車も真っ白で屋根からの落雪が心配です。昨年の大雪では多くの被害がありました。カーポートやテラス、雨樋が破損することが多かったですので、天気が良くなってからのチェックが必要ですね。

本日のブログは前回の続きです。
まずは1枚目は施工前です。お施主様が定期的にメンテナンスしておりますので大きく破損などはしていませんが、ドイツ下見のため塗装の時期に来ています。
DSCN0017.jpg
DSCN0111.jpg
ケレンといって表面を剥がして下塗りをしていきます。鉄部は錆止めをぬります。
スポンサーサイト

外部改修・塗装工事4

今日は一日寒く北風が吹いていたのでかなり体感温度低く感じました。朝屋根と足場に上りましたが、アルミ製のはしご、鉄製の足場が本当に冷たかったです。本日も一日お疲れ様でした。

本日のブログは外部改修・塗装工事の続きです。
本日は戸袋の改修です。木造住宅のサッシの戸袋部分には雨戸を収納する部分がありますがその建物側のベニヤが年数が経つにつれて傷んできてしまいます。また、特に多いのがこの戸袋の中に鳥が巣を作ってしまうケースもあります。今回の場合は内側のベニヤが傷んでしまい、その部分からネズミが侵入しておりました。内部ベニヤを貼り替えるのに戸袋部分の鏡板を外す必要がありますが、その場合現調復帰がかなり難しいため、今回は木目調のサイディングを施工をして納めました。今回のサイディングはガルバニウム鋼板のため上部でさびにくい材質です。
DSCN0020.jpg
こちらが既存の状態です。
そして施工後
DSCN0058.jpg
外壁がドイツ下見の板張りのため、ガルバ横貼りをしても違和感がなく納まりました。雨戸は既存が木製のためスチール製雨戸に取替をして、敷居部分が擦れているのでアルミレールを施工します。

外部改修・塗装工事3

一日お疲れ様です。天気予報では良くなかったですが、実際には晴れて一日良い天気でした。外部塗装工事が滞りなく進んで助かりました。明日は大きく天気が崩れるそうですので注意が必要です。

本日のブログは外部改修・塗装工事の続きです。
住宅の外壁材は様々な種類のものがあります。現在建売住宅など新築で多く使われるのがサイディングです。サイディングといっても構成される素材によって、窯業系、金属系、木質系、樹脂系に分かれ、窯業系がもっとも多く使われています。そのほかにモルタル・塗装、タイル、ALCなどがありますが、今回の現場は長い板材を横に用いて、板の下端がその下の板の上端に少し重なるように張る板張り「ドイツ下見」という外壁です。天然木ですので、外壁に塗料を塗りこまめにメンテナンスする必要があります。様々な理由がありますが、傷んでしまうと穴が空いてしまい、害虫などが室内に侵入してしまうため特に注意が必要ですね。今回浴室の外壁側が穴が空いてしまっているため一度剥がして新しいドイツ下見を貼り替え塗装をして仕上げます。

DSCN0035.jpg

外部改修・塗装工事2

本日も一日お疲れ様でした。今日は午後から屋根防水工事現場調査がありましたが、予想より早い雪のために中止になりました。明日も雨が続きますので明後日以降になりそうですね。

本日のブログは外部改修工事続きです。

ベランダ部分の手すりですが、鉄部が腐食をしている状態です。
DSCN0029.jpg
手すり部分は膨れています。この原因は雨水などが手すりの内部に入ってしまい、冬季に凍結してしまい内部で膨張してしまうために発生してしまいます。内部からなので当然鉄部は錆が出てしまいます。このような状態になってしまった場合は切り取り新規溶接が必要になります。この鉄部のベランダはいかに水を内部に入れないのと水や空気に触れさせないようにするかが大事なお手入れのポイントです。そのためにはこまめに塗装をかけ鉄部から身を守ることが重要です。今回は約15本の手すりを交換しております。

外部改修・塗装工事

本日も一日お疲れ様です。

朝晩が毎日冷え込んでいるので特に体調には気を付けて過ごしていきましょう。インフルエンザが周りでもかなり流行っているのでうがい・手洗い徹底しましょう。

本日からご紹介するのが東村山市内での施工事例です。以前にインターネットからお問い合わせいただき台所廻りの板金工事をさせていただきました。そして今回外部周りの改修工事にてお見積りのご依頼を頂きました。ありがとうございます。

内容としては外壁塗装工事・雨戸・戸袋補修工事・ベランダ補修工事です。そして同じくネズミが室内に何匹も入ってしまっているため、全面穴ふさぎとネズミ追い出し作戦も同時に行います。

DSCN0001.jpg

DSCN0016.jpg

次回から施工編アップしていきます。 宜しくお願い致します。

明けましておめでとうございます。

大変遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。

年明けから多くの案件を頂きありがとうございます。できるだけ早くお見積り提出できるよう
全力で年明けから頑張りますので宜しくお願い致します。

今年の建築業界は材料費の高騰と人件費の上昇が大きく動きがあります。
まずは材料費ですが、サッシ、住宅設備機器などが昨年後半から徐々に値上がり傾向にあります。
これはリフォーム業界にも大きな影響があります。見積もり金額も今までよりも仕入が高くなり、定価も上がっていますので特に注意が必要です。
もう一つが人件費の上昇です。震災の復興作業や公共事業の拡大により、人手不足のため賃金が上昇しております。この人手不足が問題です。建築業界は現場では常に危険と隣り合わせの作業が多く、経験の浅い作業者が多く事故が多く発生しております。また、建設業の就業者は15年間で約180万人減っており、若者離れで就業者の3分の1が55歳以上と、高齢化も深刻になっています。

当社もこのような流れに負けぬよう一日一日を大切にしていきます。今年も一年間宜しくお願い致します。

FC2Ad