FC2ブログ

タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

マンション内装改修工事 

お疲れ様です。今週はサッシ取替工事、マンション床板張替工事、テラス工事と重なりましたが無事こなすことが出来ました。来週はいよいよ6月に入りますね。この時期、天気が不安定ですので突然の雨には注意が必要ですね。

それでは本日はマンション内装改修工事をアップしていきます。

既存リビング・ダイニングと洋室の間の間仕切りを撤去してL型の大きな空間にリフォームをします。また、収納棚新設、床を無垢材で仕上げます。
DSC01111.jpg
まずは、家具を最後に施工をする和室に移動をしていきます。床は養生シート棚、やハンガーはほこりが付かないようにしっかりビニールをかけて養生をします。
スポンサーサイト

地下室 湿気・カビ対策改修工事3

こんばんわ。本日も一日お疲れ様でした。
昨日の夜からの雨も上がりましたが、予定していた左官工事と塗装工事はまだ施工部分が乾いていたいため、明日に見送りさせていただきました。

本日ご紹介するのが地下室工事完結編です。

エコカラットという調湿機能を持ったタイルを施工していきます。
専用の接着剤を下地に散布して順番に貼りこんでいきます。今回は床から3段の90センチまで施工をして残りの壁面はクロス仕上げとなります。
DSC00326.jpg
DSC00331.jpg
出来る限り清潔で明るくというご要望から、クロスは白系で見切りを幅木と合わせてアクセントを付け、エコカラットも白系で仕上げました。施工前とは大きく印象も変わり、広い空間になりました。

施工は約5日かかり、施工金額は約30万円とエコカラット分でコストがかかっておりますが、それ以上の効果が出るのでお勧めのリフォームです。

地下室 湿気・カビ対策改修工事2

おはようございます。本日は夜から雨が降るそうですので注意が必要です。

今週はサッシ交換工事、外壁塗装工事、マンション床板貼替工事と工程が組んであります。一週間宜しくお願い致します。

本日のブログは地下室工事続きです。

DSC00245.jpg
一度湿気で傷んでしまった下地材を床から約900㎜の部分まで一度撤去します。そこから下地をして新規耐水ボードを設置します。
DSC00257.jpg

DSC00258.jpg
この3枚目の写真の奥にある段ボールが今回のポイントです。
LIXILの商品であるエコカラットです。このエコカラットは湿気を吸ったり吐いたりと調湿機能や消臭機能などを持っているタイルです。当社でも湿気の多い場所、結露の現場、ペットのにおいなどにお困りの方はこのエコカラットをご提案させていただきます。
次回エコカラット施工編をアップしていきます。

地下室 湿気・カビ対策改修工事

お疲れ様です。
本日は朝が雨でしたがすぐに上がってきましたので、午後から外部雨どい交換工事に入らせていただきました。だんだんと気温があがり、作業をしていると汗が出てきます。でも、この時期は一番過ごしやすいですね。

本日は地下室のリフォーム工事をご紹介していきます。

お施主様は以前、職人の紹介で貸家のリフォームをさせていただき、今回は持家をリフォームさせていただくことになりました。
DSC00227.jpg

DSC00230.jpg
写真を見ての通り壁紙と下地が湿気の影響で傷んでカビが大量発生しております。
次回詳しく施工編をアップしていきます。

収納棚可動式カウンター新設工事

おはようございます。
昨日は朝から地震がありましたね。ここ最近震度3~4クラスの地震が増えております。いつ大地震が起きてもおかしくない状況という事を改めて認識して、事前に緊急避難場所を家族で確認、非常食や水、災害用リュックの準備をしておくことが大事ですね。いざ、災害が起こってから準備しようとしても3年前の大震災のようになってしまいます。
同じく家の中でも身近なことで対策が出来ます。一番怖いのが家具が倒れてくることです。転倒防止用の金具や突っ張り棒を付け、地震時に家具の扉があかないように耐震ラッチを付けたり、被害を抑えることはできます。もし対策の仕方がわからない場合は当社へお気軽にご相談ください。

本日はプチリフォームをご紹介いたします。施工自体は去年の11月のものです。
当社のお得意様の台所に現在戸棚が設置してありますが、今回カウンターを付けたいというご要望を頂きました。
DSC09726.jpg
当社で作成したシナランバ材の戸棚です。
今回可動式にして、使わないときは収納できるように工夫して作成させていただきました。
DSC09730.jpg
幅は戸棚いっぱいに作り、奥行は約300㎜と構造上に配慮して作成いたしました。
写真は塗装前ですが、ニス仕上げすることにより、戸棚本体の落ち着いた色に仕上がります。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad