タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

台所システムキッチン取替工事3

こんにちは。だんだんと秋から冬に近づき寒くなってきましたね。一年の中で一番過ごしやすい時期ですが季節の変わり目のため体調を崩さないように気を付けていきましょう。

それでは本日のブログは台所工事完結編です。
システムキッチンを組み込みます。今回はクリナップのシステムキッチンラクエラを採用します。引出しタイプでのご提案をしておりましたが、長物をよく入れるため今まで通りの開き扉タイプに最終的になりました。
DSC09386.jpg
梱包を外して設置をしていきます。ガス管、給水・排水管の穴を開けてから設置をしていきます。

DSC09050.jpg
こちらが施工前ですが
DSC09077.jpg

施工後です。
そして天板の設置、水栓、ガス台を取付をして、壁面との合わせ目に防カビタイプのシリコンコーキングを打ち完成となります。
通常クリナップには幅600センチの2口コンロの設定はございませんので、RINNAI製セイフルという機種を単独で設置しました。このコンロはシンプルで操作性もしやすく、多くのセンサーが付いているので安全で高齢の方が使用してもお勧めできます。
工期は2日です。施工金額は約50万円前後です。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

台所システムキッチン取替工事2

おはようございます。台風が接近中ですが当初の直撃という予想から外れて南側海上にそれるそうです。しかし、大雨には十分な警戒が必要です。当社でも現在、外構工事が入っておりますが、今週は中止して来週に変更してしまいそうです。

本日のブログです。台所システムキッチン取替2回目です。
既存キッチンを撤去していきます。タカラホーローキッチンですのでかなり頑丈です。
DSC09056.jpg
ステンレス撤去後、配管移設・ガス管移設後下地補強をしていきます。窓廻りはステンレスを剥がして下地処理後天板カウンターにラワン材を施工します。
DSC09062.jpg
その後キッチンパネルを施工します。当社ではメーカーのキッチンパネルではなく、アイカ工業の「アイカセラール」という不燃化粧材を採用しております。
主な特徴として、
1、お手入れが簡単
汚れが付きにくく、お手入れはサッと、ひとふきでカンタン。ぬれぞうきん、水性洗剤などでシミになることもありません。

2、頑丈で衝撃に強い
硬度・強度に優れたセラールだから、「ひび」「割れ」「欠け」など運搬中の思わぬトラブルも減少します。

3、熱や湿気に強い
沸騰水がかかっても変色しません。仮に、タバコの火をもみ消しても焦げあとは残りません。

4、硬くキズに強い
表面層はテーブルトップやカウンターによく使われるメラミン樹脂を使用。キズに強い壁面化粧材です。壁紙のように貼替えも不要で、美しさを長く保つことができます。

5、衛生的で安心
抗菌仕様なので、小さなお子様にも安心です。

アイカセラールは品質がとても良く、あるメーカーのものだと施工中の搬入時に気を付けていても
折れたり割れたりしてしまい、使い物にならず工期にも影響してご迷惑をおかけしてしまったことが
ありましたが、このアイカセラールはとても頑丈で一度も割れたりかけたりということがありません。
色柄の種類もとても多いので、必ずお施主様が気に入る色柄が見つかると思います。

施工は専用の施工キットを使い、強力両面テープと専用接着剤で施工をしていきます。角部分も専用の見切り材がありますので綺麗におさめることができます。

次回は完結編です。これから台風の影響が出ると思いますので出かける際はお気を付けください。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

台所システムキッチン取替工事

お疲れ様です。先日台風26号の影響が残る中、また大型の27号が接近中です。今回は前回よりも勢力が強いので特に警戒が必要です。最近の大雨や台風で雨漏りの被害があり、何件か現場調査のご依頼がありました。現在、出来る限り早めの施工を心がけておりますが、屋根職人も多忙のため順次対応しております。

それでは本日のブログです。
今回ご紹介する施工事例は以前ホームページからのお問い合わせから施工させていただいたお施主様からのご紹介で隣の家の方を施工させて頂きました。台所キッチンのガスコンロが不具合があり今回システムキッチンに取り替えました。既存はタカラスタンダート製のキッチンでしたが、今回はクリナップラクエラを導入しました。レンジフード、吊戸棚は既存再使用にて窓廻り、壁面をキッチンパネルを施工、下台交換という内容です。

DSC09050.jpg

既存状態です。35年使用していますがとてもきれいです。しかしドアが壊れております。次回施工編お届けいたします。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

外壁サイディング張替工事(ガルバニウム鋼板)7

おはようございます。連休明け早速に台風が近づいていますね。今回の台風はかなり強いそうですので特に警戒が必要ですね。今晩から明日の朝が強風、大雨が強いそうです。今年は特に台風の発生が多い気がします。

本日のブログは外壁サイディング工事完結編です。

DSC08932.jpg
今回サイディングを横貼りに貼りましたが、継ぎ目があまりわかりません。立体感もありとても綺麗になりました。サイディング施工後にキリヨケ、窓枠廻り、雨どい、下屋屋根、破風板、軒天、雨戸・戸袋を塗装にて仕上げました。
DSC07993.jpg
施工前
DSC08937.jpg
施工後

このように施工前と施工を見比べてみると、別の家のように綺麗に仕上がります。この機会に電線の位置貼り直し、屋根裏換気の設置、軒天・破風板も下地をして施工をします。
今回の工事日数は約1ヵ月、金額は約200万円前後となります。本日も読んでいただきありがとうございました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

外壁サイディング張替工事(ガルバニウム鋼板)6

おはようございます。昨日三鷹市で女子高生が殺害された事件がありましたが、去年、全面改装・耐震補強工事をさせていただいた現場から100~200mの場所での事件でニュースの場所もよく通っていた場所でかなり驚きました。まさか駅からも近く人通りの多い住宅街でこのような事件が起こるとは信じられません。犯人は捕まりましたが、亡くなってしまった女性は戻ってきません。心よりご冥福をお祈りします。

本日のブログはサイディング施工中をアップします。
DSC08547.jpg
耐震金物補強後、透湿シートを貼ります。この施工が雨漏りには重要な部分を占めます。特に窓廻りの施工は重要になります。当社では防水シートを施工して窓廻りには特に配慮しております。
その後、屋根との境目、土台付近、角部分に役物という金物を施工します。そして下部からサイディング本体を水平に上部に向かって施工します。
DSC08660.jpg
施工前とかなりイメージが変わりますね。今回はチューオーというメーカーのサイディングを採用しました。当社では、ガルバニウム製の金属サイディングはTOSTEM DANサイディング、KMEW はる一番、ニチハ センターサイディングという3メーカーを採用してきましたが、このニチハ製が一番断熱材(硬質ウレタンフォーム、イソシアヌレートフォーム)の厚みがあり、裏面にはアルミラミネート加工クラフト紙の採用で断熱材で断熱性と遮音性、裏面材で外壁の強度、輻射熱の反射をして、室内で快適に暮らせる性能をもっています。

外壁サイディング張替工事(ガルバニウム鋼板)5

おはようございます。10月に入り消費税増税が正式に発表がありました。やはり5%から8%と3%の増税は毎日の暮らしに大きく響きますね。特に車や住宅関係は大きく負担が増えます。その中でもリフォームは家計の中でも大きな負担となりますので、来年3月までの駆け込み需要が今後増加の傾向になると思います。当社でも、来年3月までに工事をしたいというご依頼かすでに何件か入っております。

本日はサイディング工事の続きです。
既存サイディングを剥がして金物補強をします。DSC08570.jpg

このように桁と柱の接合部、母屋と桁の間にも金物補強をします。既存がかすがい程度しか金物が使われていなかったため耐震的には大きな効果が期待できます。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad