タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

遮熱塗料 ミラクール工事 3

おはようございます。昨日も昼間が暑かったですが、今日はもっと暑く35度以上になるとのことです。外での作業や運動をする方は特に気を付けて一日無理せず過ごしていきましょう。

本日は遮熱塗料ミラクール工事完結編です。
高圧洗浄→専用シーラー下塗り→ミラクール中塗り→ミラクール上塗り
という4工程にて施工が完了しました。
DSC07280.jpg
こちらが施工前 新築時から約10年がたった状態です。
DSC07643.jpg
そして施工後です。明るい屋根になりましたが、その理由があります。遮熱塗料の特徴として、太陽光を反射して温度上昇を抑える仕組みのため、この反射率がキーワードになります。もっとも反射率が高く遮熱効率の高い色がホワイトで約85~90%反射します。そして逆に黒系は反射率が最も低く約40%程度です。この効果の差がありますので、工場などに関しては白系の施工で問題がないのですが、戸建て住宅でコロニアルや鉄板屋根にホワイトを選択するのは厳しいと思われます。そこで白系に近い反射率がある淡彩色での施工が多いです。今回採用したのはライトグリーンで反射率は約70~80%といわれております。そのほかにもクールグレー、パステルブルー、オレンジピンク、ニューアイボリー、コーラルブラウンの計6色が設定されております。
費用的には1工程多い分高くなるので通常のウレタン2液塗装仕上げの1.3~1.5倍になります。工期は高圧洗浄後乾かしてから施工しますので1.5日となります。お施主様からも涼しくなったと効果を実感されています。屋根塗装の際は遮熱塗料という言葉を是非覚えておいてください。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

遮熱塗料 ミラクール2

こんにちは。今週も一週間お疲れ様でした。お盆休み明けで仕事モードに慣れるまできついと思いますが何とか残りの残暑頑張っていきましょう。最近、最近季節が変わり始めているなと感じるのが夕暮れの時間が早くなったことです。真夏は19時過ぎてもまだ空が明るかったですが、ここ最近は18時半くらいから暗くなってきます。だんだんと秋に近づいているのを感じる瞬間です。

それでは本日のブログは屋根部分のミラクール工事2回目です。

そもそも遮熱塗料とはどのようなものでしょうか。

遮熱塗料とは太陽エネルギーに含まれる近赤外線を反射することで屋根や壁の温度上昇を抑制する、 高性能な塗料です。太陽熱を約90%遮断し、真夏の建物内部温度上昇を抑制されるといわれております。この塗料を扱っているメーカーは多くあり日本ペイントのサーモアイ、関西ペイントのアレスクールなど大手塗料メーカーでも遮熱塗料を販売しております。今注目のテレビでも放映されている日進産業のガイナは遮熱ではなくあくまで断熱のコンセプト。含有するセラミックを厳選し、そのセラミックの膜を建物に張ることで断熱、遠赤外線放射、空気質改善、遮音など住環境を改善することを目的とした機能性材料ということで遮熱塗料とは性能も違いますが、費用面はかなりかかります。
当社ではこのような遮熱塗料の中でも遮熱専業メーカーであるミラクールというメーカーの塗料をお勧めしております。このミラクールという遮熱塗料は多くの工場、商業施設の屋根から貯蔵タンクまで幅広く専門メーカーとしての実績があります。
この実績を最近では住宅の屋根にも多く取り入れております。当社でも何例もこの遮熱塗料を採用して実際にお施主様からの効果の声も頂いております。
今回の工程はまずは高圧洗浄をして汚れ、コケを落とし、専用プライマーで下塗りをしてミラクール塗料を2回塗りと計3回の工程にて仕上げていきます。通常のウレタン塗装の場合は2度塗りのため1工程多くなります。
牧田邸10
下塗り後仕上げ塗中の写真です。丁寧に職人が一塗り一塗り仕上げております。


テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

遮熱塗料ミラクール1

おはようございます。昨日は一日暑かったですね。職人も体調を崩している人がいるので皆様もお出かけの際はご注意ください。ちなみに今日は曇り時々雨という予報ですので昨日よりは楽になりますが引き続き熱中症には気を付けていきましょう。

それでは本日のブログです。
前回外壁塗装工事を4回に分けてご紹介させていただきましたが、屋根コロニアルも今回塗装をしました。新築で約10年目に入りましたが、屋根部分も塗膜が切れはじめ、部分的にコケが生え始まっていました。どうしても北側などはコケの生えやすい環境になっております。
DSC07280.jpg

まずは足場をかけた後に、外部高圧洗浄と同時に屋根部分も高圧洗浄をして10年分の汚れ、コケ等を洗い流します。
DSC07402.jpg
ここで屋根塗装の準備が出来ました。明日施工中をアップします。
今回使用した遮熱塗料ミラクールのホームページです。
>>遮熱塗料ミラクールHP
多くの企業の事務所や倉庫、商業施設の屋根で採用され効果の出ている塗料です。当社ではこの遮熱塗料を一般の住宅にも採用して夏場の室内の温度低下になるようにご提案させていただいております。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

外壁塗装工事(ジョリパッド)4

こんばんわ。お盆休みも終わりましたが皆様はいかが過ごされましたでしょうか。私は田舎である福島に帰ってきました。東北大震災、原発事故から2年半が経ちますが、現地は除染が終わり、放射能の積もっている上側の草を黒い袋に入れ、物々しく道路脇に置いてありました。それ以外はみなさん通常の生活をしていました。二日目は会津若松市、猪苗代、檜原湖、五色沼と行ってきましたが観光客もとても多く以前のように活気が戻っている気がします。これからも地震からの復興とともに東北全体がもっと元気になっていってほしいですね。
そしていよいよ夏も後半戦に入ります。今日から外部サイディング工事、浴室工事と始まっていきます。暑いので熱中症には気を付けて無理せず一日一日乗り越えていきたいと思います。

ブログがお盆休み前から時間が空いてしまいましたが今日で完結編です。
DSC07269.jpg
こちらが施工前です。写真右上の窓下部分などひび割れが入っているのが写真でもわかります。
DSC07646.jpg
施工後です。1階部分は既存と近い色、2階部分はホワイト系の明るい色、そして帯や柱・軒天は色分けをして既存に近い色で仕上げました。大きな変更はないですが、やはり塗装塗りたては綺麗になりますね。
DSC07640.jpg
角度を変えて、その他雨樋も日差しのあたる部分を中心に変色が始まっていたので塗り直しました。同時にエアコン配管カバー、台所換気扇のウェザーカバーなどもサービスで今回塗装して外部全面リニューアルしました。このような配管カバー、雨どいも塗装をするだけで塗膜が太陽光や雨などの環境から身を守ってくれるので耐久性が大きく上がります。なかなか足場をかけた時にしか塗る機会もあまりないので、これから先当分は大丈夫だと思います。

今回は運よく雨にも影響されず約7日間で工事完了しました。実は今回の中で屋根部分がご紹介しておりません。スレート屋根なので通常だとウレタン2液という塗料を使用しますが、今回最初にご依頼を頂いたときに屋根裏が暑くて困っているということを聞いていましたので、今回屋根に遮熱塗料の塗装をご提案させていただきました。この内容に関しては次回詳しく載せていきたいと思います。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

外壁塗装工事(ジョリパッド)3

おはようございます。本日もブログを読んでいただきありがとうございます。建築業界は来週8月13日頃からお盆休みに入り、メーカーや問屋もほとんど休みになってしまいます。ですので仕入に影響が出るので工務店も同じく休みを頂きます。友人が介護関係や公務員ですがお盆休みは関係なく仕事だそうです。その代わり時期をずらして休みがあるそうですね。
今週一週間は35度以上の日が続きますので、水分補強はこまめにとって、汗をかいたら着替えをして体調を崩さぬよう気を付けていきましょう。

それでは本日のブログです。前回の続きです。
DSC07318_20130809070531335.jpg
本日は施工編です。弾性塗料吹付前に下塗りのシーラーを施工します。同じく窓廻り、換気扇・エアコン。基礎・地面と塗り分け部分をしっかりと養生をして弾性塗料を吹付していきます。この弾性塗料も仕上げ材として8年から10年の耐久性はありますが、オプションで仕上げ塗としてウレタン・シリコンで仕上げをする場合もありますがご予算に応じてご提案させて頂いております。ここで注意したいのがこの弾性塗料はあくまでひび割れの場合に厚めに施工をして防水対策です。通常の場合にはウレタンやシリコン塗料を採用します。次回完結編をアップしていきますのでお楽しみに。

外壁塗装工事(ジョリパッド)2

本日も一日お疲れ様です。夕方からの大雨で道路が冠水間近になって運転するのにかなり気を使いました。
ちょうどお盆前で大きな工事を入れられないので、今週は事務、営業、アフター期間としてホームページの更新をしました。施工事例を3事例新規アップしましたので是非チェックしてみてください。
>>タマリフォームホームページ

本日は機能の続きをアップしていきます。
DSC07321_201308062109000d2.jpg
まずは塗装するために足場を掛けます。その後シートを貼り近隣に迷惑が掛からないようにしてから、外壁・屋根部分の高圧洗浄に入ります。同時にお施主様や近隣の車も同時に養生をしていきます。


外壁塗装工事(ジョリパッド)1

こんにちは。今週はお盆前ですが、一週間宜しくお願いします。先週末に大規模リフォーム工事現場が落ち着き、今週はアフターメンテナンス、事務仕事、ホームページ更新に力を入れていきたいと思います。
また、現在Facebook用タマリフォームページ整備中です。まだまだ未完成ですがこちらもチェックしてみてください。
>>タマリフォームface bookページ

本日のブログは外壁工事です。今回のお施主様との出会いはホームページからのお問い合わせでした。冬場が寒いから床に断熱材を入れてほしいというご要望でした。早速現場調査でお伺いさせていただき、調査すると既存床にはグラスウール系断熱材が施工してありました。現在断熱材が入っていない状態から施工すれ場効果がありますが、施工してある部分の断熱材を高性能のビーズ法ポリスチレンフォームなどに取り替えても急激に暖かかくなるということはあまりないので、フローリングの上に寒さの感じにくいカーペットや絨毯などの素材を敷くか、床暖房を設置する方法が原本的な原因の解決になりますがコストや段差の問題も出て来るので難しいところです。現場調査させていただいたときに、床断熱工事よりも外壁の割れがひどい状態でしたので、こちらの改修のほうが優先だったので今回ご提案させて頂きました。
すると、お施主様もひび割れは気になっていたけれど、どこに頼めばよいか分らないとおっしゃっておりました。そしてお見積りを取らせていただき施工方法をご提案させていただきました。
現在の外壁の状態ですがジョリパッドで新築から約10年ほど経っておりました。
DSC07272.jpg
ひび割れが何か所も出ており内側への雨水の侵入の恐れがある状態です。今回の場合は通常のモルタルの外壁塗装工程では割れ目のコーキング補修箇所が目立ってしまうことがあり、割れ目を厚い塗膜で吹き付ける弾性塗料吹き付け(多機能性アクリル弾性塗料)にてひび割れ対策で施工していきます。次回施工中をアップしていきます。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

在来浴室リフォーム工事4

おはようございます。いよいよ8月に入りましたが35度以上の猛暑にはならないのでいくらかは過ごしやすいですね。とはいっても移動時の車はエアコンをつけないと厳しいです。それでは本日のブログをアップしていきます。
前回の続きで本日で完結になります。
タイル工事が終わり、2日間養生期間を経て完成となりました。
DSC07089.jpg
施工前

DSC07510.jpg
施工後です。既存状態のレイアウトと変えずに手すり位置・浴槽高さも合わせました。
浴槽は重厚感のある人造大理石「シャインストーン」を採用、内部には身体が支持できるよう奥側にハンドグリップ、底面は滑りにくい加工が入っており、排水溝は浴槽脇にあるスイッチで簡単に排水ができるワンプッシュ水栓と家族が誰でも使用できるユニバーサルデザイン設計となっております。床面はINAX製サーモタイルですべり止め+冬季の寒さ軽減と浴室内の事故のリスクを緩和する仕様になっております。
給湯器も既存は洗面所内にFF式給湯器が付いていましたが、今回お施主様の強いご要望の外釜に変更して追い炊き付(オートタイプ)エコジョーズ仕様の給湯器を新設しました。
DSC07325.jpg
浴室リモコンですが、液晶画面も大きく操作ボタンもシンプルなので、どなたでも簡単に操作できます。以前は付いていなかったエコモードやガス料金やCO2排出量なども表示できるエネルックという機能が台所用リモコンには付いていております。

今回の工事期間は約10日かかりました。施工費用は浴槽グレード・給湯器や給水・給湯配管全面新設もあり約90万円台となりました。現在の浴槽は防水面や価格面からユニットバスがメインとなっておりますが、ほとんどのユニットバスは規格が決まっており、今回のように洗い場から浴槽縁までの高さを下げたい場合などは対応できません。今回施工した現場の洗い場から浴槽上端までは約250㎜です。ユニットバスはクリナップのアクリアバス以外は標準で450㎜の高さがあります。また既存タイル状態からユニットバスにすると少し内部寸法が小さいので実際に入ると狭く感じることもありますので注意が必要です。
浴室をリフォームを考えているけどユニットバスにはしたくないという方は、当社までお気軽にご相談ください。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad