タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

在来浴室リフォーム工事3

お疲れ様です。いよいよ7月も残りあと2日になりましたね。真夏のこの時期ですが蒸し暑いですが青空でカラっとは晴れないですね。今日はLIXIL立川ショールームでセミナー参加してきました。内容は省エネ住宅など国策に関するセミナーです。当社でも今年新築工事を施工して今後このような国の政策には情報を得る必要があります。今回の内容はかなり難しかったですが、2030年にゼロエネ住宅、2020年には改正省エネ住宅が義務化という今まで知らなかったことが勉強できました。今後の活動につなげられるようにしていきたいと思います。
それでは本日は前回の続きです。いよいよタイル編に入ります。
DSC07258.jpg
まずはカウンター部分を貼り、写真ではエプロン部分を施工中です。昔のタイルと現在のタイルでは大きさが違うため部分補修はかなり難しいことが多いです。目地違いは事前のお施主様へのご説明がとても重要になってきます。
スポンサーサイト

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

在来浴室リフォーム工事2

こんにちは。今週も一週間宜しくお願いいたします。さっそく月曜日から天気が悪いですね。明日からはまた天気が回復するそうですが暑くなるみたいです。現在は内部リフォーム工事が多いので天気に左右されないのは助かります。

本日のブログです。
DSC07101.jpg
新規浴槽です。LIXIL(INAX)シャインストーン浴槽です。材質は人造大理石でブルー色、とても上質で落ち着いた色です。
この浴槽を現場に設置していきます。
DSC07140.jpg
設置後、水平や設置位置を確認してその後エプロン部分に抗火石を施工していきます。この状態になりましたらいよいよタイルの施工に入ります。次回からアップしていきます。
本日もありがとうございました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

在来浴室リフォーム工事1

お疲れ様です。本日も夕方から局地的に大雨が降りました。ちょうど夕方は小平市内にいましたがある地域のみ道路が濡れて水たまりができておりました。現在内部工事がメインですのでこの雨の影響はありませんでした。

それでは本日は前回の漏水修理後についてアップしていきます。今回お打合せとご商談を重ねて、浴室取替・配管新設・給湯器取替、壁タイル補修、床タイルサーモタイルという内容になりました。
DSC07089.jpg
まずは既存タイルカウンターを解体後、浴槽も取り出します。既存がホーロー製浴槽のため今まで追い炊きが出来ませんでした。今回はINAX製シャインストーン浴槽に交換します。材質は人造大理石のブルー色を選択されました。この浴槽の特徴は浴槽内部に手すりが付いていること、ワンプッシュ自動排水栓が標準装備しているので、今まで湯船のお湯を抜くのにゴム栓を外さなければいけなかったのが、浴槽縁についているボタン一つで開閉可能になりました。まずはカウンターを解体して浴槽を撤去、そして給水管・給湯管を新規配管、そして浴槽を組み込みます。
DSC07096.jpg

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

浴室漏水緊急修理

こんばんわ。本日は浴室の給水管の漏水の緊急修理についてアップしていきたいと思います。
家に住むうえで水は必要不可欠なものだと思います。台所、洗面化粧台の蛇口、浴室のシャワー、給湯器でお湯にするための水、トイレの洗浄水と一つでもかけてしまうと日常生活に支障が出てしまいます。
今回ご紹介する現場は浴室部分からの漏水です。
DSC06676.jpg
この写真は浴室水栓のある外壁面です。基礎が濡れてしまっています。明らかに水道管からの漏水です。
露出配管であれば簡単に原因・対策ができるのですが、建物内部を配管している隠ぺい配管の漏水は、既存建物を一部解体して漏水の原因を見つけ、修理する必要があります。今回は浴室カウンター下部から水漏れの音がしているので、タイルを削岩機で緊急解体していきます。
DSC06675.jpg
なかなか原因の配管がみつからずいろいろ探していると、やっと漏れている部分を発見しましたが、鉄管のため全体的にぼろぼろになってしまっております。給水管・給湯管ともに腐食がひどく、途中で止めることも厳しいため、仮に給湯器から直接配管をして仮設に使用してもらい、今後の修理の方法を打ち合わせすることになりました。
方法としては3通りご提案させていただきました。
①全面解体・配管新設・ユニットバス新設・給湯器をFF式タイプからエコジョーズ追い炊き仕様へ取替
②浴室入替・配管新設・タイル壁面一部、床面サーモタイル・給湯器をFF式タイプからエコジョーズ追い炊き仕様へ取替
③既存状態をできる限り維持して配管新設のみ(露出配管)

①は洗い場床面から浴槽上端まで既存浴槽が250㎜に対し、ユニットバスはほとんどのメーカーが洗い場床面から浴室上端まで450㎜と高く、現在の状態と環境が変わってしまうので断念しました。

②お施主様から追い炊き仕様の給湯器に取り替えたいというご要望がありこの仕様にて工事させていただきました。浴槽も既存と同じ1200㎜タイプでワンプッシュ排水栓のついているINAX シャインストーン浴槽を採用しました。床面タイルは安全面と冬季の寒さ軽減に効果のあるサーモタイルを採用させていただきました。

詳しい工事内容は明日以降アップしていきたいと思います。お楽しみに。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

トイレリフォーム工事2

こんばんわ。7月も中盤に入り夏本番になってきましたね。先週までは猛暑でしたが今週は少し落ち着いてきましたね。自分は早くも水分の取りすぎで胃腸が弱ってきております。皆様も体調には気を付けてお過ごしください。

本日は前回の続きです。
前回は既存トイレ撤去しましたが、今日はフローリング施工と便器取り付けをアップしていきます。トイレにフローリングを施工する場合の注意点ですが、耐水性能のあるフローリングを施工しないと水かがりの部分ですので床板が腐食してしまします。当社で勧めているのが、大建工業のキャプテンアタックN、ダイハードアートという床材です。キャプテンアタックNは自宅や当社事務所にも施工しておりますが、変色や腐食等も一切ありませんので安心してお勧めできます。
ダイハードアートは床材が大理石調になっているので染み込みの心配も少なく安心して使用ができます。
DSC06077.jpg
今回は大建工業キャプテンアタックN ファインオーカーを採用させていただきました。
DSC06188.jpg
紙巻器は棚付二連紙巻器、便器はLIXILで2013年2月発売の新型サティスEタイプです。
この新サティスはGタイプ、Sタイプ、Eタイプの3種類があり、今回のEタイプは一番シンプルでスタンタートタイプになります。とはいっても奥行650㎜と世界最小、手動お掃除リフトアップ、キレイ便座、フルオート便器洗浄、プロガード+ハイパーキラミック、節水・節電と最新の性能を搭載しております。

DSC06193.jpg
蓋を開けるとシンプルなデザインで掃除もしやすいのが見てわかりますね。タンクレストイレの入門にはとても最適な便器たと思います。
今回の施工は1日とトイレが1個しかない場合もその日に完成するので気にせず工事可能です。今回の工事費用は材工にて約30万円となりました。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

トイレリフォーム工事1

おはようございます。毎日暑い日々が続いておりますが体調は大丈夫でしょうか。まだまだ夏も始まったばかりなので体調崩さぬよう過ごしていきましょう。この時期昼間に無理しないようにしましょう。

それでは本日はトイレリフォーム工事をアップしていきます。
既存はTOTOのウォシュレット一体型便器がついておりました。ウォシュレット機能部に不具合があるのと節水型便器をご希望されておりましたので、タンクレストイレへの交換をご提案させていただきました。
DSC06065_20130712071941.jpg
まずは既存便器撤去していきます。床も一度解体をして、排水管も移設をしていきます。
DSC06070.jpg
そして根太組・下地耐水合板を施工後フローリングを貼っていきます。2重貼りになるのでかなり頑丈になります。
DSC06072.jpg
次回は完成編をアップしていきます。
改めて本日も猛暑が予想されているので、こまめな水分補給、激しい運動は避けるようにしていきましょう。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

介護保険住宅改修(玄関手すり編)

おはようございます。昨日はかなり暑かったですね。今日も負けずに暑いみたいなので熱中症には特に注意していきましょう。こまめな水分補給と塩分補給は必須ですね。それでは本日のブログです。

本日は介護保険の住宅改修についてアップしていきたいと思います。今回は東村山市内のお施主様からのご依頼で玄関・浴室部分に手すりの設置のご依頼がありました。現在、介護認定が要支援2でケアマネージャーの担当がいない状態でした。通常、介護保険の住宅改修をする場合、地域包括センターやケアマネージャーを通して計画・申請をするのが一般的ですが、今回お施主様からはケアマネージャー関係なく申請がしたいというご希望から、福祉住環境コーディネーター2級の資格を使い申請させていただきました。東村山市役所に問い合わせると丁寧に必要書類を教えていただき、通常、お見積書、平面図・立面図、工事前写真はいつも作成しておりますが、そこに申請書・介護保険の住宅改修が必要な理由書が追加で必要になります。初めて作成する書類でしたので少し戸惑いましたが、無事市役所に提出完了して工事の承認がでました。いつもケアマネージャーの方が苦労して理由書を作成しているのが今回でわかりました。

それでは施工編です。
現在元気で室内で生活していても、段差部分が特に危険を感じる部分です。特に事故の多い階段・浴室・玄関部分は早急に手すりなどの対策をして事故を未然に防ぐことが必要です。今回は玄関部分についてアップしていきます。
DSC06500.jpg
工事前です。廊下から玄関ホールまでは広くて荷物などの障害物もなく問題がないですが、上がりがまち部分の段差・玄関引き戸の出入りに不安があるということで、上がりがまちから廊下側に向かってL型手すり、玄関引き戸脇に縦手すりの設置をさせていただきました。
DSC07085.jpg
L型手すり設置部分には十分な下地が確保できませんでしたので、後付補強板を設置後手すりを取り付けました。玄関部分には柱に直接設置させていただきました。

無事工事も終わり、申請後の書類も提出完了しました。事故を未然に防ぐ介護予防はとても大切なことです。
介護保険住宅改修は当社にお任せください。本日もありがとうございました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

外部ガルバニウムサイディング工事(番外編 屋根完結)

おはようございます。昨日は明日から始まる外構工事の最終打ち合わせに行ってきました。その中で既存ブロック塀にタイルを施工しますが、カットサンプルを持っていきました。INAX サイモンという壁タイルを検討中ですが、カタログと実際の現物の見本では色の違いがかなりあります。カラーはカタログだけではなく、現物確認が必要なのを毎回実感しますね。リフォーム工事をする中で「カラー」の選択は必ず出てきます。外部工事では屋根・外壁の色、サッシ色、内部工事は建具、フローリング、クロス、設備工事では浴室・台所・洗面化粧台・トイレなど選択することがたくさんあります。よくカタログのみでの選択のお施主様から「イメージと違った。もっと暗い色を選んだはずなのに明るかった。」とご意見を頂きます。そのようなイメージとリフォーム後の違いができるだけ無くなるように当社でできる限りアドバイスさせていただいております。
1、カラーサンプルは小さいサンプルでちょうどよく見えても、大きな面積になると明るく見えたり、色が鮮やかに見えたりと、大きさによって見え方の違いが起きます。外壁など大きな面積の場合は、選択するカラーサンプルはわずか2センチほどですので、選んだ色との違いが出てしまうので注意が必要です。

2、カラーサンプルは距離、角度、照明の当たり方で見え方に大きな違いがでます。たとえばフローリングであれば床に置いて確認、壁紙であれば壁に当てて確認など実際の場所での確認が必要です。

3、太陽がさんさんと当たる昼と、照明器具で部屋の中が照らされる夜とでは、壁紙クロスも床フローリング材も、扉も見え方が変わってきます。昼には明るくフラットに見えたのに、夜の照明器具の下では暗く凹凸が目立って、イメージが違ったというケースもあります。インテリア材を選ぶ時には数日かけて、昼と夜、朝日と夕日など様々な状況下で見比べましょう。

上記3点に注意して色を選択することをお勧めします。

それでは本日はカワラU塗装後をアップしていきます。
DSC06658.jpg
こちらが前回ご紹介した塗装前です。コケが生えており部分的に割れもあります。
DSC07188.jpg
そして施工後です。高圧洗浄機でコケや汚れを洗い、プライマー下地・ウレタン2液塗装仕上げという工程で施工していきました。和瓦のように綺麗に仕上がりました。このカワラUは塗膜で屋根を保護しているの通常の屋根材よりも早めの塗替サイクルをお勧め致します。今回の屋根塗装工期は約1日半でした。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

外部ガルバニウムサイディング工事4

おはようございます。今日で1年の折り返し、後半戦が始まります。そして真夏に突入していきますね。昨日も晴れて30度近くになりましたが、まだ朝晩が涼しいので気温の変化に注意が必要です。今週も全面リフォーム工事を進めていきます。
それでは本日のブログは外部サイディング工事の続きです。
サイディング施工後・コーキング、エアコンや配線、配管などの戻し工事、雨樋工事、木部塗装工事をして工事完了です。
DSC07154.jpg
明るい雰囲気になりました。下部に隙間が空いており、猫などが入っておりましたが今回できる限りの範囲でふさぎました。このガルバニウムサイディングは断熱材が入っているので夏場の温度上昇・冬場の暖房効果も期待できます。

DSC07153.jpg
2枚目は正面からの写真です。施工前からは全然違う家に変身しました。軒天換気がない状態でしたので今回換気口を1階、2階にバランスよく配置して屋根裏の換気対策も同時に行いました。今回は家全体が広いのですべて完了するまで約1か月半近くかかりました。
ガルバニウムサイディングは以前よりも金額が抑えられて来ておりますので、外壁が傷んでおり塗装工事をお考えの方は重ね張り施工が可能な場合は現場によりますが塗装工事の2回施工分と変わらない費用でサイディング工事が可能な場合があります。一度既存外壁(モルタル・サイディング)を撤去してからの施工の場合はそれ以上の費用が掛かります。
次回はカワラU塗装工事をお届けしていきます。改めて今月も宜しくお願いいたします。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad