タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

新築工事 地盤調査編

お疲れ様でした。今日は暖かい一日でしたね。明日、明後日はまた寒くなってくるので特にこの時期体調管理は特に気を付けていきたいですね。今年度も終わり、来週からはいよいよ4月に入りますね。引き続き頑張っていきます。

本日は新築工事の地盤調査についてアップしていきたいと思います。現在新築工事の際には住宅瑕疵担保保険という保険に加入が義務づけられており、この中の必要書類の中に地盤調査試験結果証明書が必要になります。ですので現在新築工事をするためには地盤調査も義務になってきます。今回の地盤調査試験方法はスウェーデン式サウンディング試験法を採用しております。この試験方法は試験位置の土にロッド先端にスクリューポイントを取り付けロッドを地中に貫入してその抵抗を測定し、その地盤の硬軟、締まり具合、土層の構成を判定する試験で、一般的に住宅の地盤調査には多く使用される試験方法です。今回の調査地域は東大和市内の一角です。この土地は国土地理院発行の地形図・数値地図では「台地・段丘」の「中位面」という区分でローム層が厚く分布する台形地形で字形成時期は(数万年程度)で広い平坦面を有し、液状化などはほとんど発生しない地域です。
DSC05823.jpg

試験後、約4~5日で試験結果が出まして、地盤改良が必要ない良質な地盤という結果が出ました。
新築工事は自分にとってとても勉強になっております。この経験を大切に一つ一つ工程を進めていきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お見積もり案件 図面作成

お疲れ様です。本日は新築工事から離れ、現在ご商談中の案件に関して書いていきたいと思います。

現在、1階全面改装工事のお見積もり依頼を頂いており、現在図面とご提案内容を検討中です。リフォームは形のないものですので出来上がるまではイメージしづらく、平面図や見積もりのみでは分からない方がほとんどだと思います。そこで当社では、出来るだけお施主様が考えている理想のリフォームに近づけるように3Dパースを採用してお打ち合わせ、ご商談に利用させていただいております。

DSC06376.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

新築工事 家屋解体編2

お疲れ様です。ブログ更新が遅くなりましたが今週も宜しくお願い致します。桜が予想よりもかなり早く咲いて3月中には枯れてしまう勢いですね。なんとかその前に花見がしたいですが時間が間に合わなそうです。
今週25日に新築工事中間検査も終わりいよいよ内部工事・外壁ガルバニウムサイディング工事が始まっていきます。

それでは本日のブログは新築工事解体編2回目です。仮設・養生シート出入り口以外の4方に設置して解体していきます。前回も書きましたが、屋根瓦、外壁モルタル、柱・フローリングなどの木くず、コンクリート、金属類と分別を手作業でしながら解体をしていきます。そして重機も併用しながら進めていき、約1週間強かかりました。
DSC05738.jpg


次回は地盤調査です。スウェーデンサウンディング工法という地盤調査方法で地盤の強さを調査していきます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

新築工事 既存家屋解体編1

一週間お疲れ様でした。今週はなかなか更新が出来ずすいませんでした。いよいよさくらが満開ですね。いつもより早い桜の満開に驚いております。
今年1月から着工した新築工事ですが、お施主様からのご承諾を頂き、アップさせていただくことになりました。
本日は既存家屋を解体する工事をアップしていきます。

DSC05658.jpg

こちらが既存家屋です。木造軸組み工法2階建てで屋根は瓦葺き、外壁はモルタルとなります。今回、既存家屋解体から新築工事・外構工事をすべて請け負いさせていただけることになりました。まずは解体ですが、内部から解体が始まっていきます。現在は解体した産業廃棄物も分別して処分する時代になってきております。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

浴室手すり新設工事

こんばんわ。今週も一週間宜しくお願いします。今日は暴風で朝から今まで強風が吹いており外部作業にも影響がありました。何とか事故無く一日乗り切れました。こんな日ははしごの横滑りに特に注意が必要ですね。

それでは本日のブログです。浴室に手すりを新設させていただきました。お得意様で4,5年前に浴室をバスカベにてリフォームさせていただきました。今回手すり設置ということで、下地が構造用合板が貼ってあるため、そのまま施工が出来ました。
DSC05900.jpg
浴室内の立ち上がり、姿勢保持を重視してL型手すりを横側に600㎜ 縦に800㎜という配置にてご相談をしながら設置いたしました。
その後の訪問で、お風呂がとても使いやすくなったと言葉を頂きました。本当にありがとうございました。手すりは毎日の生活の手助けとなる手段の一つです。転倒など怪我をする前の設置をお勧めいたします。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

玄関取替工事2(リシェント)

こんばんわ。昨日は暴風で嵐の一日でしたが今日は比較的落ち着いた一日でした。明日からジャパン建材フェアという建築業界のイベントがビックサイトで開催されます。自分も時間があれば少し勉強しに行きたいと思います。
しかし、まずは目の前の案件を一件一件大切にしていきたいと思います。

本日は玄関取替工事2回目です。
DSC05514.jpg
既存玄関を撤去後、枠はそのまま枠の内側に新しい玄関を設置します。見た目は新規に玄関を設置したくらいにきれいになりました。今回は高さ制限があったので、ランマ部分にて高さの調節をして納めました。親子ドアの採光タイプですので、玄関用網戸なしで採風が取れます。鍵も防犯的に強いディンプル錠を搭載しておりますので安心になりました。工事は0.8日で完了しました。今回のカバー工法で一番大事なのが現場採寸です。これを間違えてしまうと新しい玄関が付かないので、しっかりと施工をするメーカーの職人に見てもらうことが重要です。今回の施工金額は本体セット・施工費・現場諸経費・廃材撤去処分費込みで約40万円でした。在来工法ではタイル部分や内部クロス、土間補修などで50万円以上はかかってしまい、工期も2~3日と大工・左官・内装・タイル職人と多くの職人の出入りがあるので日程調整も大変な負担となります。
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。ご不明な点などはいお気軽にご相談ください。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

玄関取替工事1(リシェント)

おはようございます。先週末からの温度差が体にこたえますね。花粉もかなり舞っているので体調には気を付けてお過ごしください。
それでは本日のブログは玄関取替工事です。通常玄関取替工事をする場合は、既存壁面、土間タイルを解体して新規玄関ドアを設置するため、解体処分費用、木工事・左官工事・タイル工事が必要になるため、玄関本体のほかに工事費もかかり、また工期も2~3日かかってしまいます。しかし、今回の方法は既存枠を再利用して設置する方法(カバー工法)で木工事・左官工事・タイル工事なしで、工期も半日~1日と負担も少なく取替が出来ます。そして3月いっぱいはLIXILでキャンペーン中ですのでプラズマクラスターなどの商品がもらえるチャンスです。

DSC05509.jpg
既存玄関ドアです。約30年経っているのでアルミのコーティング、耐久性・鍵の仕様などを考えると防犯的にも取替の時期といえます。次回取替後をアップしていきます。お楽しみに。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

玄関床板貼替工事3(大建 キャプテンアタック)

今日もお疲れ様でした。天気が良く暖かかったですが、その分花粉がすごく飛んでいますね。昨日は夜に友人と久々にウォーキングをしました。ここ最近仕事で運動する機会がなかったので、定期的に運動をしていきたいと思います。ちなみにコースとしては東村山中央公園から遊歩道に抜けて武蔵大和駅に向かう道のりで有酸素運動をしています。

それでは本日のブログは床板張替工事完結編です。既存床板解体撤去・清掃後に新規下地の根太を組み、12㎜の下地ベニヤである構造用合板を施工します。
DSC05818.jpg
そして、仕上げのフローリングを施工します。約10年前に全面リフォームを施工させていただいた時の床材と同じ床材を今回採用させていただきました。大建工業のキャプテンアタックNという床材でWPC加工されている床板ですので、傷が付きにくく、汚れや水掛かりにも強い床板で、当社でも長年おすすめしている床材です。
DSC06002.jpg
カラーはファインナチュラル、ファインオーカー、ネオブラウン、ピュアブラウンライトと昔から変わらないカラーリングです。現在大建工業の床材も日々変わっているので、昔の床材に合わせられるのはすごく大きいですね。
今回の工期は約3日強、施工金額は約10万円台前半でした。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

玄関床板貼替工事2(大建 キャプテンアタック)

こんばんわ。今日は朝は寒かったですが昼間は暖かくなりました。明日からはさらに暖かくなるので、いよいよ春が近づいてきていますね。その分花粉症の影響でかなり苦労しています。

それでは本日は2日目です。
DSC05812.jpg
既存床板・下地の解体です。段差を作らないように下地からやり直します。その際、上がり框、巾木は既存再使用の為、解体時がとても重要になってきますので、施工する大工さん自ら既存部分を解体していきます。
その後廃材を撤去、清掃をしてから木工事が始まります。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

玄関床板貼替工事1(大建 キャプテンアタック)

お疲れ様です。先週末の春一番は収まりましたが、また寒さが戻ってきましたね。明後日からはまた暖かくなるそうなので着るものには気を使っていきたいですね。

本日は玄関の床板貼替え工事をアップしていきます。
DSC05808.jpg
既存廊下ですが、見た目はきれいですが、床板がふかふかして、しばらくしていくと抜けてしまう状態の一歩手前です。施工方法としては、既存から重ね貼りする方法がありますが、今回リビングへの入り口、洗面所への入り口がすでにバリアフリーの状態になっているため、一度既存床板、床下地撤去後、新規下地、下地ベニヤ、仕上げにコーティングがかかっている傷に強い床材(大建工業 キャプテンアタックN ファインナチュラル)を採用しました。明日は施工編をアップしていきます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コロニアル 後付雪止め金具設置工事

おはようございます。昨日の昼間から割と寒さも緩み、暖かくなってきておりますね。寒さに体が慣れている中、いきなり暖かくなり、汗をかいて冷えてしまうと風邪をひきやすい循環になってしまうので、特に体調管理には気を付けていきましょう。また、花粉が飛び始めてきていますね。自分や家族はみな花粉症なのでつらい季節が近づいてきています。

本日は雪止め金具について書いていきたいと思います。
最近暖かくなってきたとはいえ、まだまだ雪が降る可能性はあります。今回ご紹介するのは昨年11月末にお得意様からご紹介していただきました。いつもありがとうございます。既存屋根材はコロニアルで1面のみに雪止め金具が付いているだけで残りの3面は全く雪止め金具が付いていない状態でした。そして、降雪時に、1階部分についているテラスに凄い衝撃音とともに勢いよく屋根の雪が落ち、また玄関先にもすぐに落ち危ない思いもされていました。以前から雪止め金具を付けたいと思っておりましたが、築30年以上経っているコロニアル屋根に取り付けても大丈夫なのか、雨漏りしてしまうんじゃないか、と心配されてなかなか踏み切れませんでした。そこで今回ご紹介でご依頼を受け、専門の屋根職人に現在の屋根材の劣化状況や設置が可能か現場確認していただき、今回施工可能ということで、工事をさせていただくことになりました。
DSC00562_20130301094437.jpg
既存状態です。雪止め金具が全く付いていない状態です。降雪時には大量の雪が落ちてきます。
DSC00567.jpg
金具取付後です。下地位置に後付雪止め金具を取り付けします。
DSC00570.jpg
このような部材を取り付けいたしました。工事日数は一日弱、工事金額は約5万円かかりました。

そして施工後の2月に不具合のご確認でお会いした時に、雪があまり落ちてこなくて助かりました。というお言葉を頂きました。家に関するお悩みが一つ解決して本当に良かったです。

屋根材により、施工可能か、また費用も変わってきますので詳しくは当社ホームページからお問い合わせください。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad