タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

雨漏り対策工事 2

お疲れ様です。
昨日、今日と突然の大雨が降りますね。昨日は大雨のときは小平の国分寺寄りにいましたが道路の排水溝が追い付かないくらいの大雨でした。夕方に東村山でお客様と打ち合わせ時に大きなヒョウが降ったことを聞きました。竜巻が起こる予兆とも言われているので注意ですね。そして今現在大雨と雷がゴロゴロとなっております。

本日は雨漏り対策リフォーム工事2回目です。長年の雨漏りで気が付かず放置してしまうとこのようになってしまいます。DSC01553.jpg
雨の通り道が年数を重ねるうちにじわじわと木材を腐らせてしまいます。また湿った木材は白蟻の好物でもあるのでさらに追い打ちをかけるように、害虫被害も呼び込みます。雨漏りを見つけることは、室内まで被害が出て初めて気が付くケースが多いので、普段の掃除などでいつもと変わった点を見逃さずに専門家へご相談ください。

それではまた明日から宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

雨漏り補修・和室リフォーム工事

おはようございます。本日も一日宜しくお願い致します。昨日は朝は晴れておりましたがだんだん天気が悪くなり、お昼前から雨が降ってきました。外壁塗装施工中でしたので、残念ながら中止となってしまいました。今日は一日晴れるそうなので何とか作業が進みそうです。

それでは今日からは雨漏り現場の原因と対策をご紹介させていただきたいと思います。
DSC01360.jpg
まずは一枚目、コンクリート製のベランダ付いておりますが、調査したところ、そのベランダと屋根の際から雨が漏っているようです。
DSC01368.jpg
そこから壁面を伝わり、サッシの枠・敷居がボロボロになっています。さらに調べると通し柱の土台部分がほとんど腐っておりかなり危険な状態です。2階やコンクリートのベランダの荷重がかかっておりますので早急の対応が必要です。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

DK床板貼替工事 完結編

おはようございます。今日も一日晴れるそうです。この時期は一年で一番過ごしやすい時期ですね。暑くなる前に体を汗の出る体に慣らしておくことが、夏バテ予防にもつながるらしいです。朝か夜に軽くウォーキングやランニングなどの運動が重要ですが、自分は朝が弱いので夜頑張ります。

それでは本日のブログです。
床板貼替工事完結編です。前回のブログでは床板を半分貼り、荷物移動しましたが、今日は残りの半分の工事です。端から順番に貼り最後端で終わります。この床板の貼る向きは下地の根太材のむきに影響されます。今回は長手方向に施工させていただきました。
DSC02223.jpg
DSC02226.jpg
工事完了後、隣の部屋へ移動していた家具なども元の位置に戻して清掃をしてお引渡しとなりました。
今回の床板は株式会社パル社製「RグロスEV」という床板のビーチソフトというカラーを採用いたしました。この床材は今環境に考慮してよく使われている特殊MDFではなく、合板を使用しているのでフローリング表面素材が剥がれたりすることもありません。本体価格も低価格の為、工事費を抑えたい場合や貸家のフローリング貼り替えなどもお勧めできます。今回の施工金額は床補修・補強も込みの材工にて約15万円(税込)、工事日数は2日でした。フローリング貼替をお考えの方は是非お気軽にお問い合わせください。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

DK床板貼替工事 施工編

お疲れ様です。月曜、火曜日とブログが滞ってしまいすいません。週末に結婚式の二次会、週明けに新宿で飲み会があり、バタバタしておりました。結婚したのは私の中学時代の同級生で実際会うのは10年ぶりになりますね。他のクラスメートもいましたがみんな大人にはなっておりますが、変わっていなかったのでホッとしました。すごく久々に思い出話に花が咲きました。仕事も様々で公務員から企業の営業、CGデザイナーや司法書士など、また独立して社長になっている友達もいました。自分も頑張らないと、と改めてやる気がわきました。高校で皆バラバラになり違う人生を生きてきましたが、こうして再会できることの大切さ、仲間の大切さを実感した一日でした。

本日は前に書いたブログの続きです。DK6坪分の床板重ね貼り工事です。既存のフカフカしている部分を補修・補強後に12㎜の新規フローリングを既存の床の上から重ねて貼ります。
DSC02189.jpg
まずは床補修して、端から床板を貼ります。
DSC02199.jpg
半分貼ったところで冷蔵庫、家具を移動します。その後残りの半分を貼ります。
明日完結編ですお楽しみに。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

朝日住まいづくりフェア2012

お疲れ様です。本日もブログをチェックしていただきありがとうございます。
お昼過ぎの大雨とヒョウには驚きました。このまま竜巻が発生するんじゃないかとドキドキしておりました。そして、雨雲が通り過ぎると黒い雲から一変して青空が戻りました。

そして、午後から時間を頂き、電車で国際展示場まで行き、そこから歩いて会場に付きました。受付がかなり混んでいて10分ほど待ち入場しました。初めていくイベントだったのでどんな内容か気になっておりましたが、いつものナイス、ジューテックなどとは大きく異なるメーカーが出展しておりました。まずはセキスイ、ミサワ、ダイワなどの大手ハウスメーカーからアサカワ、スウェーデンハウスなどのメーカー、そして建築士事務所が何社も出ておりました。次に耐震・制震、免震などの地震対策のメーカーの出展が目立ちました。やはり東日本大震災の影響もあり、この分野の製品には他の来場者の方も関心が高い感じでした。
まずは、住友ゴム工業㈱様の「MIRAIE(ミライエ)」
今年3月に発売した住宅用制震ダンパーです。現在は新築用の設定しかないとのことですが、今後リフォームにも対応してほしいですね。
DSC02448.jpg
次に㈱タツミ様の制震ブレース「GO-TA(ゴータ)」
色々と社員の方に聞きたいことはありましたが、他の接客に忙しくて聞けませんでした。他にも耐震金物や免震もしているそうです。
DSC02451.jpg
最後に東海ゴム工業様です。「TRCダンパー」です。国土交通省大臣認定の工法でリフォーム時の
耐震補強の補助金の対象になります。ちなみにリフォーム用の製品の定価が1か所10万円とのことです。
DSC02454.jpg
3製品とも特殊ゴムを使用しているので60年相当の耐久性が確認されておりますのでメンテナンスフリーでこのゴムにより揺れを吸収して建物の損傷被害の軽減が期待できます。費用も耐震補強工事をするよりも低コストにて設置できます。一番のお勧めとしては一度耐震診断を受けて現在の家の状態を知り、耐震補強工事と伴い制震金物にて補強する工事がお勧めです。当社ではフクビ化学工業様のREQダンパーでの耐震補強工事を何件か実施しておりますので、詳しく知りたい方はお問い合わせください。本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。また明日も宜しくお願い致します。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

DK床板張替工事

本日も一日お疲れ様でした。今日は夕方から天気が崩れて場合によっては雷や竜巻に警戒という話でしたが何もなく過ぎそうですね。最近は大気が不安定ですので毎日油断せずに気を付けましょう。
明日から東京ビックサイトにて建築のイベントがあります。朝日住まいづくりフェア2012という250社もの企業が展示をしているイベントでリフォーム、注文住宅から今話題のスマートハウスや太陽光・蓄電池など、現在の住宅の最先端の情報を得る機会ですので、私も午後から研修という名目で勉強してきます。また、ブログにて有益な情報を皆様にお伝えできるように頑張ってきます。

本日のブログは施工前ですがダイニング・キッチンの床貼り工事をお伝えします。築30年以上経っている住宅はリフォームをしていない状態ですと、家の中でも床板などがふかふかしてきたり、異常を感じると思います。それは多くの住宅で起こっており、床下の状態にもよりますが、床下地材の根太の接合や床板の接着が原因の場合がほとんどです。下地の根太材や大引などが湿気や白蟻被害で傷んでいる場合・バリアフリーの為に段差を無くす場合は一度床を解体して新規下地の必要がありますが、それ以外の場合は、下地を補修してフローリングを既存床板から重ね貼りをする工法がお勧めです。このような床の状態の判断は熟練した大工が適切に現場調査、その場で結果をお伝えして、今後のリフォーム方法を回答できるのが当社の強みです。
DSC01836.jpg
現況ですが、南側窓面ですので、日射により床板表面が焼けてしまっております。それ以外の部分も床が今にも抜けてしまうくらいフカフカしている場所が何か所かあります。今回敷居との間には段差があり、12㎜のフローリングを重ね貼りするので段差解消にもつながります。また、現在、サッシと既存床板との間に段差がないので、重ね貼りすることにより12㎜の段差が出来てしまいます。その場合も見切り材にて危なくないように際部分も対策します。一度下地からやり直すよりも工事費もそうですが、廃材が無くなるので、床板を解体するだけでも多くの廃材が発生しますので、地球にやさしくエコにもつながります。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

ウッドデッキ新設工事 2

おはようございます。今日は朝は涼しく感じますが、日中は28度まで上がるそうです。温度差が激しく体調を崩している方も多いので気を付けましょう。

それではウッドデッキ工事をアップしていきたいと思います。今回、砂利の庭をタイルを設置する工事とウッドデッキ工事と検討中でしたが、金額はかかっても今回ウッドデッキを採用致しました。タイルはリビング窓から段差が出来てしまいますが、ウッドデッキは窓からフラットに出入りが可能なのと、人口木材による耐久性のある木質の素材が特徴です。この人口木材は木粉を50%配合しているのでやわらかい木質感があり、耐腐性、耐蟻性も高く、経年劣化による変色、色あせが少なく傷が付いた時のメンテナンスも容易で、最後に隠しやすいので施工性も抜群です。また、下地の大引き、根太材もアルミ形材を使用しているので白蟻や害虫の被害もほとんどありません。当社としてもかなりお勧めです。実際に施工前、施工後にて写真をアップいたしますのでチェックしてください。
DSC01525.jpg
施工前 1
DSC02291.jpg
施工後 2 
DSC01519.jpg
施工前 1
DSC02302.jpg
施工後 2

手すりが付いているので、お子様が遊んでも危なくないのが魅力です。とても気に入ったと満足していただけました。今回の工事期間は2日、施工金額は材工で約50万円台前半でした。ご興味のある方はお気軽に当社までお問い合わせください。それでは一日宜しくお願い致します。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

ウッドデッキ新設工事(三協立山 ひとと木)

おはようございます。今日は一日あいにくの雨ですね。夕方は本降りになるそうなので帰宅の際にはお気を付けください。

本日は先週、私の大学時代の友人からのご依頼にてウッドデッキの工事をさせていただきました。きかっけは私がFACEBOOKにタマリフォームでの登録をしていたので、聞いてみようと思ったといっておりました。どこから仕事につながるかわからないですね。
今回は三協立山アルミのひとと木を採用させていただきました。
DSC01519.jpg
施工前です。このスペースをウッドデッキにします。DSC01525.jpg
奥がくぼんでいるのでウッドデッキを敷き詰めて有効活用します。明日完成編をお伝えいたします。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

雨漏り補修工事 完結編

こんばんわ。
今週も一週間宜しくお願い致します。今日のニュースでは建築業界が特需ということでニュースに出ておりました。昨年の東日本大震災の影響もあり、今後の首都直下型地震の対策として、鉄道・高速道路など公共工事、またマンション、工場、そして住宅に関しても耐震改修・補強工事の必要性が高まっております。当社へも耐震診断、耐震補強のご相談が増えており、地震への不安を感じている方がとても多く感じます。

それでは本日のブログです。雨漏り対策リフォーム工事の完結編です。
補修・補強箇所の左官工事が終わり、塗装工事です。下塗り後、玉吹付をしてウレタン塗装にて仕上げます。

DSC02101.jpg
DSC02204.jpg
そして、ベランダ組み直しと足場の解体にて施工完了となります。
今回、内部に関しても天井・壁面をベニヤ下地・クロス仕上げとなり、きれいに仕上がりました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

雨漏り対策リフォーム工事 3

おはようございます。久々に朝のブログの更新が出来ました。
本日は朝から屋根板金・瓦棟積み直し工事が入っておりましたが、午後から大雨の予報の為、大事を取って延期させていただきました。それでは本日のブログは昨日の続きです。

柱・桁を補修・補強後、外部下地材としてラスカット材を貼り、専用コーキングにて抑えます、また開口部などは防水テープを貼り雨漏りの防水をします。このサッシ部分は雨漏りの原因となることがとても多いので注意が必要です。
DSC02019.jpg
ラスカットコーキングが硬化後、左官工事が入り外壁下地後、養生期間を置き、最後に外壁の塗装をして工事完了です。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

雨漏り対策リフォーム工事 2

お疲れ様です。久々に午後からブログの更新が出来ました。4月に入り当社でも新しい取り組みを少しづつ取り入れております。まず、その一つとしてリフォーム瑕疵担保責任保険の事業者登録をして、消費者様が少しでも安心してリフォーム工事を発注できるようにするための保険が選択できるようになります。基本的には構造耐力上主要な部分と雨漏りの侵入を防止する部分に対しての工事に対して5年間、それ以外のリフォーム工事に対しては1年間の保険期間となります。保険料は工事によって決まりますが、特に前者の5年間保険の工事に対しては、リフォーム工事をするうえで今後必要になる保険になると思います。現在は申請・審査途中ですので5月下旬から6月上旬からサービスが提供できそうです。また、同時に新築に対してのリフォーム瑕疵担保保険の事業者登録も申請しておりますので、今後、新築も対応していく予定です。

それでは本日のブログは雨漏り対策リフォーム工事の2回目です。

まず雨漏りのしている1階の和室を養生をして傷や汚れから室内を保護してから外部の解体工事が始まります。
DSC01995.jpg
そして外部解体です。
DSC01994.jpg
外部モルタルを解体してみると雨漏りがして柱・梁と伝わっているのが雨道として黒くなっているのが分かります。
DSC02003.jpg
今回の雨漏りの原因としてはベランダ手すり取り付け部分となります。そしてこの状態から補修・補強をしてふさぎます。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

雨漏り対策リフォーム工事

お疲れ様です。昨日から竜巻のニュース映像が頻繁に流れていますが、本当に恐ろしいですね。地震に津波と続き竜巻と日本では自然災害が本当におおいですね。いつどこで起こるかわからない竜巻は、強い風が吹く、大雨やヒョウが降る、雷が鳴るなど、積乱雲が原因での発生するらしいので、前兆を見逃さずに警戒しましょう。

それでは本日のブログは雨漏り対策です。今回の現場は通し柱の2階部分から雨漏りがしてしまい、1階和室天井・壁にシミが出てきてしまいました。

DSC01972.jpg

調査したところ、2階部分のベランダ取り付け部から雨が漏っている可能性が高く、今回通し柱の補修、補強ということで大工事になってしまいます。工程としては既存ベランダ・テラスの一時撤去、既存モルタル撤去・柱補修・補強という流れにて作業を進めていきます。今回外壁塗装工事も同時にご依頼いただいたので、外壁補修部はうまく仕上がると思います。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

GW明けました。

こんばんわ。昨日で4日間の大型連休も終わりましたが、この短期間に様々な事件、事故がありましたね。特に夜行バスの衝突事故は本当に悲惨だと思います。そして昨日の竜巻はアメリカのトルネードを思わせるような破壊力ですね。耐震に強い家でも、一瞬ですべてを持って行かれる力がありました。改めて自然の力の恐ろしさを感じました。

それでは本日は連休明け一番の仕事で、マンションの補修工事です。
本日は襖補修と塗装工事が入りました。残りは浴室廻りコーキング補修ルームクリーニング、CF張替です。
そしてもう一件は家屋解体工事の為、内部のごみ片付け準備です。

今日は連休明けということでまた明日から宜しくお願いします。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

雨漏り現場調査

こんにちは。GW中ですが昨日夜にご近所にお住まいの方から雨漏りがするから見てほしいというご依頼を受け、本日雨が止んでから、ホースで雨漏り箇所の特定の為に水撒きを行いました。何か所か怪しい部分がありますが、下部から順番に水をかけて原因をさがします。まず下部からかけ、順番に真ん中辺りをかけたところで室内に水が漏れてきました。桁・梁と通じて1階天井に水が漏ってくるので、早急の対応が必要です。そして今日もまだ雨が降る予報ですので応急処置をして、補修工事のお見積もりを提出後、連休明けに工事に入る予定でいます。

この時期、雨が多いので、ほかにも雨漏り案件が出ております。木造住宅の雨漏りは柱・梁・土台などを腐らせてしまい、家の寿命にも大きな影響を及ぼしますので、気になる部分がありましたらお気軽の当社までご相談ください。本日も連休中ブログを読んでいただきありがとうございます。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

GW休業のお知らせ

ブログの更新が滞ってしまい申し訳ございませんでした。

遅くなりましたがGW休業のお知らせです。

5月3日(木)~ 5月6日(日)まで

5月7日(月)からは通常通りの営業となります。宜しくお願い致します。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad