タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

LDK床板張替工事 4

こんばんわ。今週も一週間宜しくお願い致します。
11月も残り僅かになり、寒さが厳しくなってきましたね。
昨日は親戚の法事で多摩霊園まで行ってきましたが、紅葉がとてもきれいでしたね。

それでは今日はLDK床板張替工事の完結編です。
今回LDK部分約16帖の施工です。工期は幅木、床補修、台所引出しアンダーカット、見切り材施工も含めて3日かかりました。床フローリング材はPanasonic Vフロアー エクセルミディアム を施工しました。

DSC05936.jpg
DSC05943.jpg

無事引き渡しも終わり、お施主様からもご満足いただけました。ありがとうございます。また、今後ともよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

LDK床板貼替工事 3

お疲れ様です。今週は水曜日が勤労感謝の日の為祭日だったので短く感じますね。明日ラスト一日宜しくお願い致します。
皆様ご存知の方もいると思いますが、住宅版エコポイント制度が再び復活しました。詳しくは下記をクリックしてください。

復興支援・住宅エコポイント

内容として、復興支援のための商品交換方法の変更と新たに耐震補強なども対象になるそうです。


それでは本日のブログは前回の続きです。

IMG_0715.jpg
本日は床板重ね貼り工事でダイニング側が貼り終わりました。そして手前のリビングですが2か所床鳴り箇所がありましたので、一度既存床板を切り下地を補強して元に戻して新しい床板を貼ります。ちょっとした所ですが大事なところですね。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

LDK床板貼替工事 2

こんばんわ。今週はなかなか更新が出来ず申し訳ございませんでした。
打ち合わせと現場が重なってしまいました。
ここ最近、体調を崩している方が多くいますね。自分も少し咳が出ているので注意が必要ですね。

本日は前回の床板重ね貼り工事の続きです。
IMG_0709.jpg
今回は既存の床板からの重ね貼りということで、Panasonic製 Vフロアーを施工中です。床材のカラーは部屋全体を明るくしたいというご要望により、エクセルナチュラル色を採用しました。奥から順番に施工していきます。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

LDK床板重ね貼り工事 1

こんばんわ。今週も一週間お疲れ様でした。今日は朝から一日雨でしたね。寒いときの雨は厳しいものがありますね。今日は朝から雨戸取付、ベランダ下見、介護保険の住宅改修の打ち合わせ、外構工事の打ち合わせ、産業廃棄物処分、そして、見積もり、請求の提出とかなりハードな一日となりました。

そして本日からLDK床板重ね貼り工事をお届けいたします。
今回ご紹介する現場は同じ東村山市内でホームページからのお問い合わせからのお仕事です。お問い合わせ頂いた時、ちょうど300mほどしか離れていない現場を工事中でとても縁を感じましたね。現場調査をさせていただき、見積もりの提出をさせていただき、すぐにご依頼頂き現在に至ります。
お施主様はDIYが得意でクロス貼りもプロ顔負けの仕上がりでした。床板も塗装をしてなおそうとしたらしいのですが、うまくいかず今回当社にご依頼を頂きました。
敷居との段差が12㎜程の為、掃出し窓1か所とキッチン収納戸を残し重ね貼りが可能でしたので、既存床板もしっかりしているため、今回重ね貼りをご提案しました。
IMG_0700.jpg
現在、大工さんが工事の準備中です。詳しくは来週からのブログをお楽しみに。
今週も最後までありがとうございました。また、来週から宜しくお願い致します。

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

庭敷石工事

こんばんわ。今日まで良い天気が続きましたが、明日からは雨の予報みたいですね。日曜にフットサルの予定がありますが厳しいかもしれませんね。
それでは本日のブログは少し日常業務から離れ庭石の敷き直しです。
お得意様のお庭で何とかレンガを組み合わせて駐輪スペースを作りたいというご依頼を頂きました。実はお客様はガーデニング職人からシルバー人材センターまで施工してくれる職人を探していましたが、中途半端なことはできない、予算的に合わない等なかなか希望する職人さんがいなかったそうです。そこで当社のなんでも屋さんでもある職人さんがうってつけではないかと思い、早速ご依頼を頂きました。今回、レンガ自体はお客様からの支給で施工のみです。
DSC05887.jpg
当社はリフォーム専門の工務店ではありますが、お客様の困ったことはできる限り解決できるように努力をしております。雨戸1枚からなんでもご相談ください。

今回、ご自宅の柿を沢山頂きありがとうございます。また、今月末の瓦の工事の際は宜しくお願い致します。

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

吊戸棚取付工事 1

お疲れ様です。今日の朝は本当に寒かったですね。今年一番の寒さだったらしく、北海道などでは雪が降っているそうです。これから暖房機器を使用する機会が多くなるので、事故の無いようにしっかりとした使い方をしましょう。
本日は洗面所の快適収納工事です。
洗面所は意外と必要なものはたくさんあるのに収納スペースが少ないと思います。そこで、洗面化粧台の収納以外に今回は吊戸棚を上部に設置しました。
DSC05928.jpg
施工前です。
DSC05930.jpg
施工中です。社長が下地を探して取付をしているところです。今回コーナー用吊戸棚を採用してできるだけデッドスペースをなくすように努力しました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

畳取替工事 2

お疲れ様です。毎日の更新ができず申し訳ございません。今日から始まった現場に一日手伝っていたので今日はその他の仕事に手が回りませんでした。明日はその分を取り返していきたいと思います。

それでは本日のブログは畳工事 完結編です。前回のブログでアップしましたが。傷んでいた1畳分は撤去処分・新床、残りの5帖は表替での工事となりました。前回畳工事がかなりいい加減だったらしく、畳と畳に隙間が空いていたり、デコボコだったり、かなりの修理をしていただき、無事収まりました。
DSC05896.jpg
施工前
DSC05947.jpg
施工後です。
写真の角度は違いますが、施工前後では違いがよくわかります。実際に畳に乗ってみると新床と表替で踏んだ感じが違うのがよくわかりました。床の大切さを改めて実感しました。

また、同じく今回の原因のエアコンも無事Panasonic製の新型に取り替えました。お客様もとても快適になりましたと喜びの言葉を頂きました。本当にありがとうございます。そして今後とも宜しくお願い致します。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

和室6帖 畳工事1

こんばんわ。今日は今迄にはない寒さですね。心底から冷えるので、皆様もお風呂に入った後は湯冷めする前に寝ましょう。というのも、私の経験上の話で、友人と寒いときにスーパー銭湯に行った後、湯冷めして風邪ひいて寝込んでしまったからです。明日は雨も止み晴れ間が出るみたいですのでラスト一日頑張っていきましょう。

それでは本日のブログです。
お得意様から連絡があり、エアコンが壊れたということで早速お伺いすると、和室6帖の上部に付いていたエアコンの室内機から水漏れがあり、壁を伝わり畳まで水があふれている状態となっており、かなりよくない状態になっておりました。水漏れ部分にカーペットがひいてあったため、余計に湿気がたまってしまいかなりのカビが発生しており、畳は表替出来る状態ではなかったため、その部分1帖分を新床とし、残りの5帖分もそれなりに年数が経っているため表替となり、エアコンももちろん新品への交換となりました。
DSC05896.jpg
1枚目の写真です。写真左側下部です。黒いカーペットが戸棚の下に敷いてありますが、畳が黒ずんでいるのがわかります。
DSC05785.jpg
問題の畳撤去後です。下地にもかなりカビなどがついておりましたが、床下地も乾かせば再使用できる範囲でした。
畳職人が採寸をします。独自の器材で採寸をしております。私自身とても勉強になります。当社の畳職人は親子でしている職人さんで、とても人柄もよく、施工も安心して任せられます。畳に対してとても誇りを持っている方です。ちなみに今回の会社の旅行も参加していただきました。いつもありがとうございます。
その後、残りの5帖も表替の為、工場へ引き上げました。そして当日午後1時過ぎに納入予定となっております。
それと同時にエアコンも取替工事を合わせて行います。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

瓦棟現場下見

お疲れ様です。本日もブログを読んでいただきありがとうございます。昨日夜から本格的に寒さが来ましたね。
風邪をひかないように体調管理には気を付けましょう。
本日は朝からネットから受注して頂いた現場が始まり、現場打ち合わせをして、保谷まで打ち合わせに行ったりして一日バタバタしていましたが何とか一日乗り切りました。

本日は現場下見について書いていきます。
今回の話は先週の話になりますが、お得意さまの屋根瓦に関して、地デジ工事をしたときに電気職人から瓦が傷んでいるという連絡がきたので、早速瓦職人とともに現場を見させていただきました。築30年の和瓦葺きです。今まで一度増築時に屋根を拡げていますがそれ以外は一度もメンテナンスをしていないので、瓦棟の土が乾燥している状態になってしまっておりました。
IMG_0315.jpg

平瓦部分はチェックしたところ、下地はまだしっかりしており問題がなく、瓦棟のみの積み直しにて屋根メンテナンスをするという見積もりにてお施主様に提出し、今月末に工事が始まります。また工事が始まりましたら、アップしますので宜しくお願い致します。

倉庫屋根新規工事 完結編

こんばんわ。久々の更新になってしまいました。しばらくブログが滞ってしまい申し訳ございませんでした。
先週、今週と平日、土、日曜日とも休みなく現場と打ち合わせが重なってしまいました。そして7月から始まった大規模リフォーム工事も完了検査が昨日終わりましたので一区切り落ち着いてきました。

前回のブログから途中になっていた工事をご紹介していきます。
入間市現場での倉庫屋根新設工事です。前回構造材を組み、下地の野地板を貼り、緑色のアスファルトルーフィングを貼ります。そして板金職人が三晃式瓦棒葺きという工法での施工となります。
IMG_0075.jpg
IMG_0077.jpg
屋根葺きは家全体でも雨風をしのぐための重要な役割を果たしております。今回は鉄板での施工でしたが、現在当社でも勧めているのがガルバニウム鋼板という金属での屋根葺きです。

ガルバリウム (Galvalume) 鋼板は、1972年にアメリカ合衆国のベスレヘム・スチールが開発したアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板の名称。日本国内ではガルバと略称されることも多い。また、ガリバリウムとも呼称される場合もある。日本工業規格 (JIS) では、JIS G3321(溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板)で規定されている。

ガルバリウム鋼板は高い防食性を活かして、建物の外壁や屋根の材料、あるいは雨樋・ベランダまわりなどの各種建築材料として近年使用が増加している。同じ耐食鋼材として広く使用されているステンレス鋼板に比べて購入単価が大幅に安いことから、特に最近のステンレス鋼価格高騰を受けて、材料選定切り替えの動きが進んでいる。ただし、防食性能自体はステンレスの方が高いため、切り替えは慎重に行う必要がある。一部ではガルタイトからの切り替えも見られる。耐食性のほかに、350℃程度までであれば使用可能な熱反射性などを活かした産業機械や電気器具などへの使用も少なくない。

また、屋外使用向け塗装鋼板の母材としても、幅広く用いられている。めっき表面にさらに塗装を行うことで、より高度な防食性・追加機能をもたらしている。2009年(平成21年)に架け替えられた阪神甲子園球場の4代目銀傘もガルバリウム鋼板製である。

このように、ガルバニウム鋼板屋根葺きは現在注目の屋根材です。

FC2Ad