タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

全面改装リフォーム工事 2部屋目4

今日は寒い一日でしたね。お昼過ぎには雨からみぞれ、そして少しだけ雪に変わってしまいましたね。しばらくしてまた雨になりましたが、とても寒い一日でした。
昨日は久々のオフで部屋の片づけから始まり、事務所の片づけまでしてゆっくりと休めました。そして今日は朝から川崎まで緊急に必要な部材を取りに行き、そのまま現場に届けバタバタした一日になってしまいました。明日はまた打ち合わせが4件入っているので忙しい一日になりそうです。

それでは本日は前回の続きです。

DSC01327.jpg
床下地を終え、これから建具枠の設置工事を行います。現在の和室の内側に両引き分け戸の新設のため枠を大工加工で設置します。その打ち合わせを社長と大工さんでしております。
スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

全面改装リフォーム工事 2部屋目3

お疲れ様です。なかなか更新ができず申し訳ございませんでした。
現在、ニュージーランドで起こった大地震により、沢山の日本人留学生が建物の下敷きになってしまっております。何とか無事生還できることを祈ります。
そこで気になったのはあれだけ立派な建物がいとも簡単に崩壊してしまうことに驚きました。ニュージーランドでは建物の耐震設計などはどうなっているのでしょうか。
ニュースで紹介されていたのが、東大の笠原順三名誉教授は

「今回の地震の特徴というのは、ほかの地震に比べて、上下の振動が非常に大きい」と話した。
今回の地震は、震源が市街地のほぼ真下だった。
直下型地震の多くは、大きな縦揺れが起こるという。
多くの地震で発生するのは横揺れのため、建物の多くは、横揺れに対する耐震強度を高くしている。
しかし、縦揺れ地震の場合、横揺れの耐震強度が高かったとしても、柱などが弱い建物などは崩壊してしまう。
笠原順三名誉教授は「阪神・淡路(大震災)の時の上下の加速度のおよそ6倍ぐらいあると。巨大な加速度が加わったと。全壊した建物を見ると、窓が大きくて、柱が細いということで、構造的に上下の震度に対して、非常に弱い構造をしていると。だから全壊したということになりますね。それに対し、別の建物は、柱も大きな面積を占めているし、窓もそれほど面積も大きくないので、強度的に強いと。ニュージーランドの南北に断層帯が走っているが、そこから、かなり離れていると。一般的な基準からいうと、巨大な地震によって被害が及ぶということは、あまり想定されてない。そういうところで地震が起きたために、耐震の基準というものが、非常に緩かったんではないかというふうに思われますね」と話した。
被害を拡大させた強い縦揺れ地震。

このように日本では阪神大震災の教訓を生かし、耐震化が進められております。今回の大地震を他人事だと思わずに受け止めることが大切なことだと思います。

それでは本日の事例のご紹介は

DSC01316.jpg

下地を新規施工しております。大引・根太を施工後断熱材のサニーライトを根太の間にはさみこみ、そこから耐震壁に使用する構造用合板を貼ります。その後、フローリングを貼り洋室が完成します。今回は床暖房なしでの仕様となりました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

全面改装バリアフリー工事 2部屋目2

お疲れ様です。今週もなかなか更新できず申し訳ございませんでした。
月曜日の大雪には驚きましたね。次の日朝から2時間かけて雪かきしました。社長は朝からスタッドレスタイヤの履いた車で杉並の現場へ向かいました。
そして今日は朝からあいにくの雨でしたが、その後強風が吹きましたね。かなり道端に物が飛んで落ちておりました。そんな、天気に左右された一週間でしたが、本日のブログを書いていきます。

全面バリアフリーリフォーム工事現場も2部屋目に入りましたが、既存床下地を解体後、新規下地中です。
DSC01302.jpg
大引を掛け、根太下地を組みます。
20~30年以上家具や人を支えていた床は年月が経つことによりまた床下の湿気などにより、釘が抜けてしまったり、切れてしまったりします。そこで、床の新規下地からやり直す工事はリフォームというよりも、家のリニューアルになりますね。木造建築はお手入れにより何十年も持つ構造になっております。もちろん部分的なリフォームは15~20年以上たつと必要になりますが、一番は日々のお手入れが大切ですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

住まいの耐震博覧会2011行ってきました。

おはようございます。ここ何日か雪が降るほど寒いですね。
朝路面を見ると雪は積もっていませんが、路面が凍っていたので車を運転する際は気を付けましょう。

それでは昨日は耐震博覧会という毎年東京ビックサイトで行われているイベントに参加してきました。

DSC01681.jpg
DSC01685.jpg
今回、社長、職人さん、自分と3人で行ってきましたが、地震そして耐震についての最新情報から、各住宅設備大手メーカー(Panasonic、大建工業、トステム、INAX、サンウェーブ、クリナップ、タカラスタンダート・・)から、ちょっとマイナーな断熱材のメーカーなど多数出展しておりました。今回特に注目したのは2枚目の写真に載っている制震装置(ジオフォルテ)です。担当者に色々と聞いてみると、値段も高額で、リフォーム用というよりも新築用とのことでした。少し残念な所もありますが、このすぐれた装置を何とか耐震リフォームで使えないかと考えておりました。

その他にも非常食や防災グッズなども多数販売していました。住宅の耐震化なども大切ですが、まず、身近に地震が起こった時に生き残るための備え(非常食、水、トイレ、ライト、スリッパ、靴、笛など)をすることが一番大事ということを実感しました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

全面改装バリアフリー工事 2部屋目1

お疲れ様です。一日雪が降っていましたが何とか道路までは積もらなかったですね。明日も降らないことを祈ります。そして明日は東京ビックサイトにて建築の耐震博覧会が行われるので、最新情報を勉強しに行ってきます。

本日は前回ご紹介したバリアフリーリフォーム工事についてご紹介します。
前回の和室は下地工事までで、畳が入りますのでその間、隣の部屋の荷物置き場として利用させていただきます。

そして、これから隣の部屋の部屋の工事が始まります。
畳部分を撤去しました。現在畳撤去処分もかなりのお金がかかってしまう現状です。

DSC01282.jpg
こちらの部屋はフローリング仕様となりますので洋室風の仕上がりになります。壁面、天井は今回いじらないので和風の洋室になります。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

全面改装バリアフリー工事3

お疲れ様です。先週から更新が滞ってしまい申し訳ございませんでした。
先週末から風邪をひいてしまいダウンしかけてしまいました。症状は喉の痛みから始まり、咳、鼻水が止まらなくなってしまいました。何とか今日あたりからかなり体調が楽になってきました。

本日はリフォーム工事3回目です。前回既存床下地を解体しました。今回は根太・大引を施工し、構造用合板を張ります。
DSC01275.jpg
DSC01279.jpgラーチ合板という針葉樹の構造用合板で主に外壁の耐震壁に使用される合板です。見た目は良くはありませんが、実は地震に対して垂直方向に抵抗する効果があります。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

全面改装バリアフリー工事2

本日も一日お疲れ様です。先日のサッカーアジアカップ終了から日本代表・長友の話題で持ちきりですね。自分もイタリアのサッカーが好きなので、まさかインテルからのオファーがあり移籍するとは思いませんでした。本当に素晴らしいことだと思いますね。是非、インテルでも素晴らしい活躍を期待したいと思います。

本日は内装バリアフリーリフォーム工事2回目をご紹介いたします。
今回の大きな工事内容としては、6帖和室2部屋に台所7.5帖、洗面、玄関ホール・廊下のバリアフリーを趣旨としたリフォーム工事です。現在は各部屋段差があり、ご主人、奥様共に元気ですが、今後のことを考えて、健康なうちにリフォームをしたいということで今回ご依頼を受けました。他にも何社かの相見積もりでしたが、当社をお選びいただきました。本当にありがとうございます。
まず、和室部分を全体的に下げるため、畳・下地から解体撤去して新規下地から施工いたします。
DSC01271.jpg
解体中です。下地ベニヤをはがして、根太も撤去します。
DSC01273.jpg
解体後です。大引、束もすべて撤去して、新規で下地から施工します。そうしないと床の高さが変わらないためです。築30年以上経つので、木材なども交換して床全体がリフレッシュされますので気持ちよいですね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

全面改装バリアフリー工事

お疲れ様です。1月もあっという間に過ぎ、今日から2月に入りました。
先日のサッカーアジアカップの日本代表の活躍には感動と勇気をもらいました。特に決勝戦のゴールはとても感動しました。

本日は1階全面改装工事をご紹介します。

DSC01268.jpg
工事前和室です。詳しくは明日からお伝えします。お楽しみに。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad