FC2ブログ

タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

外部工事現場下見

1週間お疲れ様でした。今週は会社の旅行が入ってしまい、週明けからかなり忙しい1週間になってしまいました。ブログの更新が滞ってしまい申し訳ございませんでした。

本日は現場下見について書いていきたいと思います。
今回ご依頼いただいたのは以前内装全面改装工事を請け負わせて頂いたお得意様からのご依頼で、外部塗装・木部・雨樋補修工事のお見積りをさせていただくことになりました。実際に現場を見て、お客様との話をしているうちに雨樋がうまく機能しないということでさっそく梯子をかけ、問題個所をのぞいてみると、長年の泥や落ち葉が溜まり立樋に水が流れず溢れてきているようでした。また奥では泥から雑草が生え、雨樋のはずが植木鉢のような状態になってしまっていました。
DSC00188.jpg
今回の原因としては、掃除もありますが、横樋の間隔が長すぎるため、間に立樋を追加し、勾配を取り直すことになりました。もちろん雨樋自体はまだ耐久性には問題がないので、悪い部分のみ補修をして、残りは塗装してコーティングすることになりました。
11月中旬からの工事を予定しております。またそのころにご紹介をしていきます。

それでは本日も読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

看板塗装工事1

お疲れ様です。旅行空けはかなり忙しくあっという間に木曜日になってしまいました。
先日施工した看板をご紹介いたします。

コンパーノさんという東大和の中央通り沿いにある写真屋さんの看板の塗装工事を依頼されました。まず、足場を組み、既存のさびた部分をケレンして、下塗りをします。

DSC00092.jpg
既存状態DSC00112.jpg
赤茶部分が下塗りです。乾いてからウレタン塗装をします。どのくらいきれいになるのか楽しみですね。

ここ最近で冬の寒さを迎えております。周りの職人さんや友人でも体調を崩している人が増えております。この時期うがい、手洗いを欠かさずに過ごしていきましょう。

なかなか更新できず申し訳ございません。



お疲れ様です。先週末からブログを更新できず申し訳ございませんでした。日、月曜と会社の旅行に行っておりました。場所は初の北海道まで行ってまいりました。工程としては1日目に新千歳空港から札幌→小樽→定山渓にて宿泊
2日目は函館まで移動後観光、最後に函館山を登り函館空港から羽田空港まで戻り帰還しました。当社の旅行も今年で一度も延期することなく19回目を無事迎えることが出来ました。これからも、20回30回目と続けていきたいと思いますので、これからも宜しくお願いします。
それではまた明日から宜しくお願いします。

店舗シャッター取替工事4(完結編)

本日は一日雨でしたね。こんな日に困るのが渋滞です。通常よりも道が混んでいるので、約束をしている場合や、現場から材料などを運ぶ場合、通常よりも長くかかってしまいご迷惑をかけてしまうことが多いのが雨の日ですね。さらに追い打ちをかけるかの様に自転車の傘さし運転がふらふらしていて特に危ないので、事故を起こさないように運転も急がず安全運転が必要です。

本日は店舗改装工事最終編をお送りいたします。
CIMG4967.jpg
こちらが施工前です。シャッターが歪んでしまっていますね。
CIMG5000.jpg
施工完了が夜になってしまいましたので、画像が汚くてすいません。補修をして歪みが直って垂直に取り付けております。

CIMG5285.jpg
ここからは看板職人の仕事です。エール21という府中街道の恋ヶ窪の近くにある丁寧な施工で評判の看板職人です。

今回、お施主様が他の業者にてお見積りを取ったところ、35万オーバーという費用がかかると言われ、当社に何とか安くならないかと依頼を頂きました。今回シャッター取替工事が補修工事も含め約20万円、塗装工事が、約6万円でおさめることが出来ました。今回の工事で当社の施工スキルも上がり、私自身もとても良い経験になりました。
既存の状態にもよりますが。シャッター交換をお考えの方は是非当社へご相談ください。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

店舗シャッター取替工事3

お疲れ様です。本日は朝からシステムキッチン取り換え工事の現場が始まりました。またその詳細については後日アップいたします。

本日は店舗シャッター取替工事交換編をお伝えいたします。


CIMG4978.jpg
まず前回を参照していただきたいのですが、シャッターの中央部分が下がってしまっておりました。分解してみると躯体鉄骨への溶接が取れてしまっていたので、いつシャッターが落ちてもおかしくない危ない状態でした。今回中央部分を修理を行います。まず躯体の鉄骨とシャッター本体を溶接して下がった部分を通常の位置まで戻し、新しいシャッター・スラットを新規取り付けを致しました。

CIMG4982.jpg
全交換ではないので工事費を通常よりも抑えることが出来き、先方にも満足していただけました。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad