FC2ブログ

タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

スケルトン状態

CIMG1604.jpg
おはようございます。昨日はものすごく暑く、飲み物が手放せない一日でしたね。約2リットルは飲んだ気がします。そのおかげで、食べ物が喉を通らないですね。こうやって夏ばては始まるんだなと感じました。暑い時こそ沢山食べて活力を付けたいですね。

今週から始まりました全面改装リフォーム工事ですが、既存キッチン、壁・天井の石膏ボード、間仕切り壁などを撤去してスケルトン状態になりました。今回サッシ廻りもすべて交換ですが外壁自体は外部塗装のみですので残します。そして、間取りを大幅変更するので、構造的にも柱を抜く為に梁を入れたり、補強したりします。これから徐々に施工写真をアップしていきますので宜しくお願いします。私にとっても今回の現場はとても勉強になりますので、しっかり吸収していきたいと思います。

東村山にある大工直営の工務店 有限会社 タマリフォーム
▲さらに詳しく知りたい方は弊社ホームページをご覧ください。▲
スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

現場解体開始

20090729185603
20090729185601
いつもブログを読んで頂きありがとうございました。本日、全面改装リフォーム工事二日目、本格的に仕上げ材、下地材を解体、撤去、処分してます。具体的には部屋間、廊下間の間仕切り壁、天井を解体して柱・梁のみのスケルトン状態にしています。ちなみに、間仕切り壁のほとんどが石膏ボードを仕上げ材として使用しているので1日で石膏ボードが2トントラック一台分出ました。
環境面での話ですが現在石膏ボードの産業廃棄物処理が厳しくなっております。毎年産業廃棄物の分別は厳しくなっておりますが石膏ボードはリサイクルのためその中でもほかの廃材と混ぜないようにする配慮が必要な廃材です。
石膏ボードは安価で施工性もよく遮音性にも優れているので、現在でも多くの住宅に使用されております。その分廃材としての適切な処理とリサイクルがこれからの住まいのキーワードだと思います。

東村山にある大工直営の工務店 有限会社 タマリフォーム
▲さらに詳しく知りたい方は弊社ホームページをご覧ください。▲

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

全面リフォーム工事始まりました。

玄関床板重ね貼り工事

何日かブログの更新が滞ってしまい申し訳ございません。
本日午前中までは晴天で過ごしやすい天候でしたが、午後から風が吹き始め、あっという間に雨が降ってきました。少し涼しくはなりましたが、相変わらずの高湿度の為、とても過ごしにくいですね。
明日からは天気が回復するらしいので今日の夜だけ我慢していきましょう。

一件お客様からのご依頼で玄関廻りの床板張替の下見に行って来ました。
調査をすると、既存の床板が何箇所かべコベコになっており、部分補修をしてその他の場所は釘を締め直し、新しい床板を重ね貼りする方法と、床下地材から新規やり直す方法がありますが、今回予算の都合で補修、重ね貼りになると思います。

また、工事が始まりましたら詳しくアップしていきます。

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

玄関・廊下床板張替工事

今日も雨ですね。昨日から喉が痛いので体調には特に気をつけていきます。皆様も暑くなったり涼しくなったり気温の変化が大きいので体調にはお気を付けください。

先日少しご紹介をした廊下・玄関床板張替工事が完成いたしましたのでご紹介いたします。
今回の工事は、以前から当社にリフォームを頼んでいただいているお客様で、廊下の床が今にも抜けてしまいそうなくらい浮いておりました。本来ならば下地材からやり直す状態でしたが、今回部分補修をしてから、新しいフローリングを施工いたしました。今回の施工した床板は大建工業 ミラージF というタイプで天然木材床として人気のシリーズで、性能として低VOC、滑りにくい床材、抗菌仕様となっており、当社でのスタンダートなタイプのフローリングです。
床材の色は7色から選べますが、玄関・廊下廻りでお勧めなのが明るめな床材です。暗い床材だとモダンな印象になりますが、家全体が暗くなってしまいますので、上手なコーディネートが必要になってきます。逆に明るい床材にすることにより、家全体が明るくなりお勧めですね。玄関・廊下は家の顔ですので明るいイメージの方が良いと思います。



1枚目 施工前の状態です。何箇所か床が浮いていて男性が体重をかけると今にも床が抜けてしまいそうな感じがします。ちなみにご主人様は気が付きますが、奥様は体重が軽い為、全く気が付かなかったらしいです。

CIMG1401.jpg

2枚目 床の浮いている部分を切り取り、補修を致しました。その他の部分も既存床板―下地間のネジの締め直しを行いました。

CIMG1413.jpg

3枚目 施工後写真です。 床材は明るめのファインナチュラルというタイプのカラーを選択致しました。以前は落ち着いた感じでしたが、施工後は全体が明るくなり、お客様も大変喜ばれておりました。ちなみに今回は既存の床板と敷居の間の段差が12mmありました。今回の床板の厚みが12mmですので施工後は完全な段差解消が出来ました。

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

FC2Ad