FC2ブログ

タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

マニュフェスト実績報告

おはようございます。
今日は当社から車で5分くらいの現場のトイレの改修工事が始まりました。朝材料、養生、道具を届け、戻ってきました。いつもなら現場で手伝うのですが、今日は今月末までに提出の緊急の書類作りがあります。
それは題名の通り、「マニュフェスト実績報告書の作成」です。大抵の方は何??って感じるでしょう。マニュフェストとは、建築業界では新築、リフォーム時に出る建築廃材を処理業者に委託するときに使用する証明書のようなものです。何年前に話題になった山中に不法投棄をする悪質業者の例もあり、廃棄物が適切に処分されているかを証明するために作られました。そして東京都ではそのマニュフェストをこの六月末に報告することが平成20年度から義務化されました。
080628_0909~0001小さくて見にくいですが右上がマニュフェストです。

080628_0914~00012枚目が詳細の報告書です

080628_0913~0001廃棄物の種類別に分類して報告します。当社では廃プラスチック、紙くず、木くず、金属、ガラス、ガレキなどが排出されることが多いです。

080628_0909~0002平成19年4月から平成20年3月末までのマニュフェストを報告します。

これからの時代、ますます廃棄物の問題は地球規模での問題になると思います。そこで廃材の中でも木くずは、冬季に暖炉の薪として使いたいお客様に袋詰めにしてお渡ししたり、鉄、アルミ、ステンレスなどは分別して再利用する業者に持って行ったりと工夫してゴミを減らす努力もこれからしていきたいと思います。

▼▼東京多摩地区 東村山市・小平市・東大和市・国立市、国分寺市の住まいのお悩み・リフォームのご相談受付中▼▼
東村山にある大工直営の工務店 有限会社 タマリフォーム
▲もっと詳しく知りたい方は当社ホームページをご覧ください。

住まいの悩み・ご相談はこちらから<クリック>
スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

耐震診断講習会 その2

こんにちは。昨日は朝から夕方5時までたっぷりと耐震講習を勉強してきました。昨日の会場は地下鉄、九段下駅から徒歩10分の所にある日本武道館の隣にある化学技術館でした。都内に行くと一番困るのが昼食です。コンビニで前もって買っておくのが一番でしょうが、現地で食べようと思ってもお店らしき場所が一つもありません。そこで昨日は、会場参加者何人かの後を付いていって毎日新聞社のビルに入りました。すると、何件ものレストラン、お食事どころがあり、一人だったのでマクドナルドで昼食をとりましたが、お台場などでもそうですが、ビル内に飲食店があるのが珍しく感じてしまう東村山市民でした。
講習では、耐震診断の方法についての方法や、具体的な事例を挙げての説明でした。
080627_1328~0001

耐震診断では3種類の診断法があり、
①「誰でも出来る我が家の耐震診断」 一般ユーザー(施主様)向けの問診表形式診断法
②「一般診断法」 建築士及び大工、工務店向け診断法
③「精密診断法」 建築士向け診断法
に分類することが出来ます。
当社ではまず、①で施主様自身で診断をしていただき、そこで不明なところは、②「一般診断法」、③「精密診断法」を用いて、診断していきます。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

耐震診断講習会 in九段下

おはようございます。今日は朝から九段下まで日本建築防災協会主催の耐震診断と耐震補強についての講習会に行ってきます。今回の講習会で学んできたことを実務に反映できるように一日頑張って勉強してきます。
▼▼東京多摩地区 東村山市・小平市・東大和市・国立市、国分寺市の住まいのお悩み・リフォームのご相談受付中▼▼
東村山にある大工直営の工務店 有限会社 タマリフォーム
▲もっと詳しく知りたい方は当社ホームページをご覧ください。

住まいの悩み・ご相談はこちらから<クリック>

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

鉄骨組立工事

昨日は朝から現場に駆り出されていたのでブログの更新が出来ませんでした。
練馬の現場でアパートの2階の廊下を支えている鉄柱が錆びてきたので付替えてほしいという依頼を頂き、鉄骨を溶接で組み合わせて新しい土台を当事務所にて組立て、昨日、今日かけて取り付けてきました。
080623_1625~0001

今日はデジカメ編集が間に合わないため事務所にて組立・加工後の写真を載せます。

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

防犯ガラス

自分の家をドロボウがねらっている、と考えるだけでもぞっとします。安心して暮らしていくためには、防犯対策が不可欠です。
ここ最近、住宅の空き巣被害が急増していてこの5年間での被害が1.5倍に増加しています。いつ何時自分の家が被害に遭わないとも限らないのです。
ドロボウはどんな家をどんな方法でねらっているのでしょうか?最近は単純に大きな音を立てて割るのではなく、ドライバーを使ったこじ破りやバーナーを使用した焼き破りなど、ますます巧妙になってきています。また、ドロボウが活動するのは、利便性の良い住宅地で、夜ではなく昼間に多いことが分かっています。犬の散歩やご近所へのお出かけでも、きちんと戸締まりをすることを心がけましょう。

今のところ多くの世帯で「防犯」にお金をかけていないのが実情ですが、できることから徐々にはじめて、少しでも安心できるようにしたいものです。たとえば、ホームセンターなどに行けばサッシの防犯性を高める補助錠などが1000円以下でも売られていますので、それを自分で取り付けるだけでも安心感が増します。ただし、防犯性を高めるのであれば、CPマークのついた防犯ガラスをオススメします。防犯ガラスはガラスとガラスの間に樹脂膜を入れたもので、こじ破りや焼き破りに強い耐性を持っています。戸建ての場合、全ての窓に設置すると費用がかかるので、どこが一番ねらわれやすいかなどを考えて、バランス良く防犯対策をしましょう。
                  このマークが目印 ↓↓
                    
080623_1201~0001

テーマ:リフォーム - ジャンル:ライフ

FC2Ad