タマリフォーム記

東京都東村山にある工務店、タマリフォームweb担当サイトウが 日々の出来事や気になったことなどを毎日綴ってくブログです。

風呂場改修工事

こんばんわ。

朝から雨が降っていて寒かったので、風呂場の解体には最悪のコンディションでしたが、一日気合入れて総勢4人の大人数で頑張ってきました。
今日の現場は以前から壁のタイルが曲がっていておかしいというお客様の話から始まりました。専門の大工が見ると水が土台まで漏れていて腐っているとの事だったので、早急に浴室のリフォーム工事をすることになりました。
そして、今日から工事が始まったわけですが、壊し始めて驚きが!!

タイルが硬い・・・IMG_1046.jpg


既存の浴室のタイルの構造として、下地に防水シート、モルタル、そしてタイルという順番で施工するケースが多い中、今回は、下地、9ミリベニヤに圧着したタイルだけで防水処理をしていませんでした。その結果土台付近に水が入り土台を腐らせていました。

IMG_1060.jpg


IMG_1070.jpg


スポンサーサイト

テーマ:リフォーム業界の現状と改善 - ジャンル:ビジネス

サーモタイル

今日は午前中は天気がよく『夜花見』が出来ると思っていましたが、なんと、午後から黒い雲がちらほら・・・。そして夕方、ポツポツときましたね。
結局地面がぬれてしまったので花見は桜が散らない範囲で延期です。

来週の月曜日から、いつも大変お世話になっているお客様の息子さんの自宅をリフォームさせていただくことになりました。
今はお風呂場というとユニットバスが流行っていますが、今回建物の構造上ユニットバスが入らないので壁・天井ををバスカベ、床のタイルをサーモタイルで施工することになりました。今日はその中でもサーモタイルについて。

サーモタイルとは名前の通り冷たく感じないタイルのことです。従来のタイルでは踏んだり触ったりすると冷たく感じますよね。それも真冬はお風呂場のタイルは特に冷たくて入る気がしなくなりますよね。それがサーモタイルではタイルの基材部に微細気泡が多数あり分散させることでタイル自体の熱伝導率を小さくして、足裏が移動する際の熱の移動量が小さくなり、冷たさを感じにくくなります。
文章で説明しても難しいので、最近のスーパー銭湯をイメージしてください。タイルの部分でもサーモタイルを使われていることが多く冷たくないと思います。今度銭湯に行く際は是非意識して体感してみてください。ただ、サーモタイルを使っていない場所でしたら申し訳ございません。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

REQダンパー その2

最近当社で最も注目しているFUKUVI社製『REQダンパー』について書いていきたいと思います。

3月23日、東京ビックサイトで行われた建築のイベントで体験してきました。

そもそも、『REQダンパー』って何だ?と思うでしょうが、一言で言うと制震装置です。

地震対策には、建物自体を補強して地震によって倒壊しないようにする『耐震』、土台の装置により家全体を揺れから守る『免震』、そして、今注目されているのが、『制震』です。制震とは揺れを柔らかく受け止めようという考え方です。
柱と梁、土台や基礎などダンパーを取り付けます。揺れの軽減のため、家具の転倒など2次災害にも効果があります。費用も50万円から100万円まで抑えられることから、耐震補強工事だけでなく、一般的なリフォームでもお勧めです。

今回のイベントでは、ダンパーのついていない構造のモデル(筋交い、従来の耐震金物)
IMG_0910.jpg

とダンパーがついたモデル
IMG_0911.jpg

で比較していました。このように
IMG_0909.jpg

一緒に見に行った社長も職人さんも実際に触って体感していました。

どちらのモデルにも震度7相当の振動がかかっていて、ダンパーなしは触るとかなり揺れていますが、ダンパー付きは微かな揺れしかありませんでした。大げさに言ってるんだろう。と思うでしょうが実際体感していただくと納得します。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

住宅の構造

2、3日前は寒かったですが、やっと暖かくなってさくらも咲き始めてきました。

一年の中でも今の季節が一番いいですよね。

さて、今日は耐震についての話2回目ということで、とても分かりやすい写真ととともに紹介していきたいと思います。

住宅でよく使われる構造は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、混構造などがよく使われます。

木造では在来工法(軸組工法)・枠組壁工法(2×4工法・2×6工法)があり、全体の住宅の中でも特に在来工法が多いです。阪神大震災のときにも、木造住宅が多く倒壊するイメージがあると思いますが、実際重いコンクリートのほうが地震時に大きな力が加わり、逆に木造のほうが軽いので地震の影響が受けにくいといわれております。しかし、築30年前後の住宅は土台や柱が腐食していたり、耐震性能が低いので、地震時に大きな被害を受けるケースが多いようです。

住宅の構造について、たとえば、昭和55年以前の住宅では
IMG_0919.jpg
きずり仕様になっていて筋交いや耐震金物も付いていないケースが多いので、耐震性能も劣ります。

次に昭和55年以降の住宅では
IMG_0922.jpg
前述した筋交い、耐震金物による補強が行われておりますので、旧来型のきずり仕様に比べて耐震性能も格段に上がっております。

そして、平成12年以降の住宅には
IMG_0923.jpg

今までにプラスしてホールダウン金物という金物で補強しているので、より安全性が高められています。
ただ、このような耐震対策をしていても土台が腐っていたりすると、何の役目の果たさないので、いつも住宅を定期的にメンテナンスすることをお勧めいたします。
当社でも、住まいのホームドクターをしているので、お気軽にご相談ください。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

立川断層

最近更新が滞ってしまい申し訳ありません。

先週の日曜日に東京ビックサイトで開催されたナイスフェア2008に行ってきました。

当日、天気もよく暖かかったですね。

前回2月にも別のイベントに行ってきましたが、今回は地震についてテーマをおいて全く知識のない人でも家の構造や耐久性などが分かりやすく模型で説明していてとても勉強になったブースがありました。

その中で、特に注目したものは立川断層という地震の震源になるかもしれない層が身近にあるのを知って改めて地震に対する恐怖心がでました。

IMG_0930.jpg
会社がある東村山はその立川から車で20分のところにありますのでとっても近くです。どこで地震が起こるかはわかりませんが、ここ30年で関東地方に地震が起こる確率は70%とも言われています。

日ごろから、少しでも地震に対する意識があるだけでも実際起こった時の対応も少しは違いが出ると思います。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

外部塗装工事

3月に入ってから塗装工事がとても多いです。

その中で、今週から始まった練馬の足場組みについて書きたいと思います。

この家は貸家でしばらくは誰も住んでいなかった家で草などが家全体を取り囲んでいました。

朝、近隣の住宅の方に挨拶をして工事にとりかかりました。

人がすんでいなかったのもあり、手入れが長い事されていなかったので

特に外部が傷んでいました。
小池邸 003


このあと、自分は違う現場に行ってしまいましたのでその後の仕事の内容はお伝えできませんが、また、塗装後にまた、撮影してビフォー&アフターでお伝えしたいと思います。


テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

ネギラーメン

こんばんは。今日は国立でお風呂場の解体の仕事でした。いつもなら施工写真を載せるところですが、今日はおいしいお店を発見したのでお昼のレポートをします。
いつも現場の時は、大抵コンビニ弁当、またグレードアップしたときは、ほっかほっか亭の弁当で、今日もお昼前にお弁当を買いに行こうと職人さん達と話してたところ、お客さんから近くのラーメン屋の「ネギラーメン」有名で美味しいよ!というありがたい情報。みんな意見一致でラーメン屋に決めました。
お昼になると、職人さんとラーメン屋に。
そこは、小さなお店で、40~50代の女性が一人でやっていました。
もちろん、三人とも『ネギラーメン(味付け玉子)』、そしてまだまだ食べ盛りの自分だけもちろん大盛り(笑)
そして、10分くらい待ってラーメンが来ました。
大盛りだけどんぶりが明らかに大きかったです。
080317_1200~0001

そして、食べてみると、麺は細麺でスープはとんこつしょうゆ風の味で濃厚だけど脂が抑えられて食べやすい。そして、大盛りはかなりの量がありましたが、ちゃんと完食しました。一言『おいしかったです』
今日一日ラーメンだけ食べているように見えるかもしれませんが、沢山食べた分仕事はちゃんと働いていますので、安心してください(笑)

初めて食べた店でおいしい店を見つけた瞬間はとてもうれしいですね。是非東村山、東大和、小平、国立近辺でおいしいお店を知っている方がいましたら、コメントお待ちしております。

IHクッキング ヒーター

毎日毎日花粉が強烈ですね。

いままで家族は皆平気だったのですがとうとう社長である父が今日から突然花粉症にやられて現場で苦しんでいました。
周りを見てもマスクをしている人たちが多いですよね。一つ不思議だったのが、窓を閉めた車の中でマスクをしている人も多いこと。風邪ならともかく、花粉症なら車の中なら平気なような気がしますが・・。

題名のHIクッキングヒーターとはいわゆる電気式のコンロで電磁調理器です。

最近、オール電化が取り上げられて関心のある方も多いのではないのでしょうか。

IHクッキングヒーターにはシステムキッチンのように天板に穴が開いていてそこに納めるビルトインタイプ。その中でも75㎝、60㎝タイプがあります。それ以外には据え置き型タイプがあります。
気になる工事内容ですが、一般の電気のコンセントでは容量が小さいので、配電盤から200ボルトで専用に電気の配線を敷く工事があります。
そこで、配電盤の容量なども関わってくるので専門家に相談することをお勧めします。
そして、既存のコンロを取り外して、新しいIHコンロに取り替えて試運転をして取り付け完了です。工事も約1日で終わります。

メリットとして、『安全』、『手入れのしやすさ』、『安定した火力』、『省エネ』などが挙げられます。
また、デメリットとしては、電磁調理器なのでペースメーカーや医療機具を使用されている方には使えません。また、今までの鍋を使えなくなる場合や鍋が重いので手首を傷めてしまう可能性もあります。

IHにはIHの良さ。ガスコンロにはガスコンロの良さがあるので、自分の環境に合わせた選択が大切だと思います。

一ついえることは、これから高齢化社会になっていくうえで、安全という側面を考えた場合、ガスコンロだと直火で衣類に引火してやけどを起こす例が多く発生しているので、IHクッキングヒーターに交換することをお勧めしています。



テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

風呂場解体 コンクリート打ち

今回は既存の風呂場からユニットバスへの工事なので

解体後、土台の補修をし、給排水をユニットバスに合わせた

水道工事をし、コンクリートを規定の高さまで打ちます。

その際、コンクリートの補強のためにメッシュという鉄筋を入れます。
工事用写真 009

ガス 風呂解体 026

昔のお風呂では脱衣所からお風呂場に入るときは

段差があり、滑ったりしてとても危険でしたが

現在のユニットバスはバリアフリーやユニバーサルデザイン

などに対応しているものがほとんどで、滑らない

床材を使用しているので安全です。

また、ユニットバスを入れない場合でも、バスカベなどは

保温効果もあり、浴室がタイルの場合よりも暖かいです。

最近では床のタイルも保温効果のあるタイルも出ていますので、

ユニットバスが入らない家でも、工夫次第でユニットバスに負けない

バス空間を作り出すことも可能です。


テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

風呂場解体 その2

昨日は腐食部分でしたが、今日は新しい土台で補修した写真です。

まずは、1枚目
工事用写真 009


そして、2枚目です。
ガス 風呂解体 022


腐食については早めの発見、そして早めの対策が一番効果的です。

風呂場解体 腐食

今日は4月の中旬の気候だったみたいですね。

とても過ごし易かったですが相変わらずの花粉の

猛威ですね。

毎年、自分は花粉症のダメージで瀕死になっていますが

今年は家族で取り組んでいるある対策によって症状が

緩和されています。

それは去年のお昼の某番組で取り上げられた花粉症対策での

『ヨーグルト』

一年間食べ続けた結果、今年は家族全員軽く目がかゆいとか

鼻がムズムズする程度ですんでおります。

現在、花粉で苦しんでいる方は、だまされたと思ってやってみてください。


・・・すごく話がずれてしまいましたが、今日は既存のタイルの風呂場

解体時の写真を載せていきます。

まずは一枚目 
壊して風呂場から洗面所の床を撮っています。土台が完全に腐っています。
解体1


二枚目 
腐った木材を取り除くと、完全に洗面所の床が宙に浮いていて、危険な状態です。
ガス 風呂解体 013


このように風呂場は家全体の中でも、一番痛みやすい場所でもあります。

自分自身も解体現場で実際に作業して感じたことは、定期的なメンテナンス、湿気を出来るだけ作らない工夫。そして、早めの対策が必要だと思います。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

アパート塗装工事

相変わらずの黄砂&花粉ですね。

外出るのに何かしらの対策を取らないと

目と鼻がやられちゃいますよね。

さて今週からアパートの塗装工事が始まりました。

まずは、足場をかけ、その後に高圧洗浄で汚れを取り、塗装をするという流れです。

私自身もまだまだ半人前ですので、現場を見ながら勉強して日記に

載せていきたいと思っています。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

ナイスわくわくフェア

前回2月にジャパン建材フェアに行ってきましたが、今月はナイスわくわくフェアに行かせていただけることになりました。このイベントは東京ビックサイトで行われる日本でも最大規模の建築・住宅関連のイベントです。毎年2日間でおよそ3万人の人が訪れるといわれています。そこでは、最新の技術の商品が展示されているので、リフォームをお考えの方は是非見に行かれることをお勧めいたします。

日程:2008年 3月22日(土)、23日(日)AM10:00~PM5:00迄

また、このイベントは自由には入場できなく、当社でも今年から3組限定で、ご招待することになりましたので、今までお世話になった方に順々にお知らせさせていただきますので宜しくお願いいたします。

前回ではフクビ社製のREQダンパーがインパクトが強かったですが、今回ももっとイイモノが出ることを期待して、またみなさんにオススメをご紹介していきたいと思います。

玄関リフォーム

黄砂のおかげで白い車が黄色になっていた今日の早朝でした。

先週末、洗車機を通した意味が全く無くなってしまいました(泣)

今日は玄関の取替え工事の現場でした。

1枚目 施工前
小池邸 玄関


そして2枚目 玄関取替え後
小池邸 玄関 2


今回の交換の最大の理由は『防犯性』でした。

以前から鍵の調子が悪かったのと、ガラス部分が多く

防犯にはあまり強くなかったので、トステム製の

防犯性の高いドアに交換しました。

最近では鍵ではなく、ICカードタイプや指紋など

昔では考えられなかった高機能の玄関

出ているので、もし、これから玄関の交換を

お考えの方は、インターネットやサッシメーカーなどの

情報を集めた上でのご検討をお勧めしています。

2F 改修工事 外部塗装編

先週末から再発した風邪もやっと落ち着いてきました。

この時期、花粉症に加えて中国から黄砂が吹いて

来ているので、鼻と喉には辛い季節ですね。


さて、2月中旬から始まっていた2階の改修工事が

終了いたしました。何ヶ所かの変更と外壁塗装の追加

のため1ヶ月近くの工期がかかりました。

今回は外装についての施工写真をアップしていきたいと思います。


まずは1枚目 施工前ですが、前回の塗装から1年以上経っていたので、壁のあちこちからひび割れが出ていました。
施工前


次に二枚目 施工中の写真ですが サッシも全部交換しました。
施工前


最後に三枚目 左官職人がサッシ廻りをモルタル補修、外装を塗装して、周りの足場も全部はずして完成しました。
完成


次回は内装リフォームをアップしていきます。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

FC2Ad